FC2ブログ

酷暑と岩手

2020.08.11(21:20)
日本全国で猛暑日だ。


北上市では最高気温35.1℃。
1年に数回しかない気温まで上がった。


今年もこの時期が来たか、、といった感じだ。


30℃以上の気温は、人間にとってはかなり危険な気温。
当然、いちごの苗にとっても同じだ。





冷涼な環境を好む作物なので、気温が高いのはよろしくない。
今の時期は、なるべく涼しく風通し良く過ごしやすい環境に近づける様にしている。


北上市は、冬場が寒い代わりに夏が涼しい気候なので、
理論的には、いちごの苗は育ち易い気候になるはずなのだが、、、


暑いもんは暑い ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



いちご 育苗編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

先輩農家塾

2020.08.10(20:47)
先輩いちご農家さんのいちご苗を見学させていただいた。


およそ1ヶ月ぶりだ。





挿し苗を手伝わせてもらった後の苗の様子を見学させていただいのだが、

これまで見た事のないような苗の状態に圧倒された。


「ここまで苗は大きくなるの?」


と正直に思った。


植え付けまで残り1ヶ月あるのに立派な苗に育っていた。


これからも見た事のない育苗の世界を見る事になるだろう。


この時期のいちご苗は、自身の苗しか見た事がなかったので、もの凄く参考になる。


まだまだ知らない世界があるようだ ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

なつ 療養中②

2020.08.09(21:14)
なつの脚の脱臼手術から10日経った。


徐々に回復してきたのか、自宅内を走り回る程。





あと1週間すれば、縫ったところの抜糸だ。


もう少し、自宅内のマーキングには目をつぶってあげよう。


徐々に回復している ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

置き肥

2020.08.08(22:15)
いちごの子苗達のポットに肥料を置いている。

「置き肥」と呼ばれる作業である。

今作から育苗方法も資材も新調したので初めて行なう作業だ。



【このコーララムネみたいなのが肥料】
※けっこう臭う


この肥料が効く期間は約25日間。


9月上旬に予定している植え付けの時期には肥効が切れるように逆算して置く。





置き肥作業は、弟に手伝ってもらって2時間弱で5,000粒の肥料を置いた。

残り半分くらい。


肥料は、"置く"と言うよりも、"培土に押し込む"様な感じにしている。

なぜかと言うと、水遣りをした際に肥料が流亡してしまう可能性があるので、しっかりと固定しておかないといけないからだ。



作業後の指の匂いは何とも言えない臭さになる。

石鹸を使っても匂いは取れない。

なんでしょう、、、乾燥したドッグフードとかキャットフードのような臭いだ。

何故か何度も嗅いでしまう病みつき?になる臭いのある肥料だった。


良肥は鼻に臭し!! ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
いちご 育苗編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

ウィルスと生きる

2020.08.07(21:47)
新型コロナウィルスの感染が増えている。
連日のニュースの通りだ。


明日から最大で9連休のお盆休みになるが、
間違いなく感染者は増えるに違いない。


私なりの予測としてはウィルス収束までは、

最低で3年かかると思っている。

ワクチンや特効薬が出来るまで1年。

それらの薬を一般人が入手出来るまで1年。

感染の恐怖が無くなるまで1年。


現代の科学技術、医療技術、情報技術を総合的に考慮した上で、政府の施作も考慮すると相当長期化するに違いない。


コロナ関連のニュースは、毎日の様にスマホで閲覧していて、(ウンザリするくらい)

主に使用しているブラウザーの、「Yahoo! JAPAN」の新型コロナウィルス関連の記事のコメント欄では、
世の中の不満が反映されているかのように思える。

ネット上の滑稽な声を聞く限り、

政府の施作が悪いとか、

コロナ八分が怖いとか、

飲みに行く奴が悪いとか、

パチンコ屋に行く奴はおかしいとか、

誰しもが未だかつてない恐怖によって完全に混乱している。


何でしょう、自分が不安になった時や、

追い込まれてしまった時や、

思い通りにいかずに腹が立った時は、

何かと他責にしがちになる。


他人に責任を負わせる為にどうしたら良いのかを一生懸命考えている様では、

「下手な考え休むに似たり」

に近いと思う。


正義感を振りかざした自粛警察の様に自己陶酔に浸るのではなくて、


誰かに出来る自分のやるべき事を一つ一つ積み重ねる事に尽力するべきだと思う。


元気出していこーぜ ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

梅雨明けと猛暑

2020.08.06(20:55)
梅雨が明けない。


何やら、今年の岩手県は梅雨明けの発表が無い年になるそう。。。


ここ数日は好天に恵まれ、いちごの苗達にも多くの日光が注がれた。
曇りの日が長く続いていたので、苗にとっては貴重な栄養源になったに違いない。


ただ、農園スタッフにとっては暑い環境は過酷だ。



【メイとココは日陰に避難】


環境適応能力の高いヤギ達でも、ちょっと辛い時期だと思う。


今年の暑さ乗り切ろうな ~明日もボンボヤージュ~
関連記事

なつ 療養中①

2020.08.04(20:30)
右脚の脱臼を手術後、自宅で保護?している野良猫のなつ。


数日前までは、初めての室内に慣れない様で、


一日中「ニャーニャー」と鳴きまくっていた。


鳴き疲れては寝て、起きては鳴きながら室内を駆け回って出口を探す。

これを数十回程繰り返している。


室内の空間に慣れてきたのか、リビングのソファ(私のオフィスとなっている椅子)に寝転がる様になった。



【右脚は、毛を刈り取られた後の羊のよう】


猫は人間の仕事を邪魔する生き物と言われているが、
これまでその愛らしい姿に魅了され、"許しちゃってきた"人間はどのくらいいるのだろうか。。。


私もそのうちの1人だ。


お陰で仕事が捗らない。


動物界No. 1の甘え上手だと思う ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

土壌消毒

2020.08.03(21:31)
一作が完全に片付いたので、次作へ向けて高設ベンチの土壌消毒を始めた。





高設ベンチにビニールを掛け、ハウスを締め切る。


約2週間の間、本圃ハウスは夏休みだ。(ハウス内は灼熱)


2週間の期間、ハウスが使えないのは少し勿体ない気もするが、

次のいちご作りに必要不可欠な2週間だ。


もし土壌消毒をしなかったら、いちごの実が減る可能性が出てくる。


しなくても、ある程度の実は成るのだろうけれど、当園はハウスが1つしかない。


だからこそ完璧な状態にする必要があるのだ。


次作の豊作を信じて ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
いちご 準備編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

なつ 手術後

2020.08.02(22:46)
野良猫の「なつ」足の脱臼手術を終えた。





足の付け根を切開して治したそうで、5~6針縫った。


首に付けているのは"毛づくろい防止"?


猫は自分で舐めて傷を治そうとするが、それをさせない為のもの。


お盆明けには抜糸するそう。


2週間毛づくろいしない猫は相当な獣臭を放つとか。


ちなみに体重は3.7kgしかなかったらしい。


ジャンプできるまであと12日 ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

後片付けと区切り

2020.08.01(20:43)
本圃ハウス内の後片付けをしている。


刈り取った後の乾燥したいちごの株や、

枯れ葉、培土の一部の片付けだ。

全てをハウス内から運び出した。





父と弟と3人での片付け作業。

汗だくになりながら、

飲み物をガブ飲みしながら、

鼻の穴の中を真っ黒にしながら、

後片付け作業を終えた。


本圃の一作の区切りとしては、今になると思う。

ホッと出来る時期も近い。

数日後に培土の消毒行えば、本格的に来作が始まる。


気付けば8月である ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
いちご 準備編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ