FC2ブログ

徐鉄装置の故障?

2019.08.23(22:23)
約1週間ぶりに徐鉄装置の点検をした。

「苗に散水している水に金気(カナケ)の匂いがする」

と家族に教えてもらっていたので、不審に思い装置の点検と水質検査をした。

結果、井戸水が徐鉄されていなかった。



どうやら、装置内の要であるイオン交換樹脂が正しく機能していなかったのが原因だ。


"飽和食塩水"といって、これ以上塩が溶けない状態の水をイオン交換樹脂に流す事によって、樹脂が吸着した硬度分を交換し、何度も徐鉄が行われる。

装置内には、塩水を作るための原料であるボイラーソルト(塩)を入れている。
装置が自動で水が貯め、溶けやすい塩に浸かった水は、飽和食塩水になる。



味覚的には物凄くしょっぱい水になるのが普通になるが、舐めてみるとそこまで塩っ気がなかった。(関西地域の味噌汁並み)

「飽和食塩水にしてはおかしくね?」

と思い、装置内タンクのボイラーソルトを手で触ると、塩はカチカチに固まっていた。


つまり原因は、徐鉄装置に使用するボイラーソルト(塩)が装置のタンク内で固まる。



水が入っても塩が溶けない。



関西ダシ風味水でイオン交換樹脂の硬度交換が行われる。



硬度交換が正しく行われない。(ダシが薄いから)



徐鉄装置本来の能力を発揮出来ない。

といったフローだ。(関西ダシじゃダメ)


(カチカチに固まっている塩は、棒で突っついて溶けやすくさせる。)


ここ最近、徐鉄装置内のボイラーソルトが減りにくい状態が続いていたが、正直に言うと、

「こんなにも徐鉄に使う塩のコスパが掛からないのは神だな。良い買い物したなぁ。自慢できるぞお。フハハハ!」

と思っていたが、私が間違っていました。
神様、本当にごめんなさい。(お腹が痛くなった時の2割くらいだけど)


今回のトラブルは、いちご栽培に使う点滴チューブに水を通す前の段階なのでセーフだが、知らずに水を通していたら、点検チューブが詰まっていたかもしれない。(ゾッとする)

機械はメンテが命らしい ~明日もボンボヤージュ~
スポンサーサイト



未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

苗の最終調整

2019.08.22(21:44)
来月に定植する苗達の手入れ作業をしている。



ポットに固定していたピンを抜き、古くなった葉や、伸びたランナーを除去して綺麗にする。
この段階での手入れが、苗作りの最終調整になる。


毎年、定植目前に生育の悪いまま仕上がってしまう苗が必ず出てくる。
だが、最後の最後に苗数が不足した場合に、救世主になり得る可能性が残されている。

、、、捨てずに育てておこう。

最後の1周! ~明日もボンボヤージュ~
いちご 育苗編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

甲子園予想 決勝

2019.08.21(21:05)
夏の甲子園。明日の決勝戦は、開催以前より優勝候補と名高い2校の決着となった。

春の選抜では、3-0で星稜が履正社に完封勝ちをしたそう。
星稜のエース奥川投手は、投球数130球、3安打17奪三振と、強打の履正社を奪三振ショーで封じた。

奥川投手のピッチングは何と言っても変化球のキレで、スライダーの曲がり方を見る限り、狙っても打てる球には見えない。
これまで闘ってきた過程からも、名のある強打強豪チームを封じ込んできている。

90%くらいで優勝は星稜かなー ~明日もボンボヤージュ~
未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

恋みのり 切り離し

2019.08.20(21:29)


苗数の確保が遅れていた品種、"恋みのり"。
ようやく親株から切り離す作業を終えた。

他の品種と比べると、苗作りの難易度は高い。
苗数の確保に不安はあったがギリギリでクリア出来そうだ。

採苗に1ヶ月間近くロスがある為、苗の大きさにはバラつきが残る。
極端に小さい苗は少ないが、冬までには挽回させたい。

来年の親株は倍かな ~明日もボンボヤージュ~
いちご 育苗編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

甲子園予想 準決勝

2019.08.19(21:03)
明日は、甲子園の準決勝だ。

4校のうち、どの高校が決勝に駒を進められるのか、完全に予想不可能な試合である。

個人的に楽しみなのは、星稜VS中京学院大中京。
準決勝戦となると、勝利への見えない「運」の要素が大きく関係しそうだ。
ただ、「運」は、存在しない非科学的なもので、人間が勝手に思い込みによって作り出している幻想だったりする。

甲子園での「運」を掴んでいるのは中京な気がしていて、流れに乗って勝ちそうな予感がしている。(運の根拠はない)

甲子園の魔物を味方にした方が勝つ ~明日もボンボヤージュ~
未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

苗の様子 【定植3週前】

2019.08.18(21:40)
本圃に苗を定植するまで残り約3週間となった。

今年の苗は、過去3作以上のデキで推移している。



苗数の確保と、切り離し時期が計画通りに進み、9月上旬に起きる花芽分化が苗全体で揃いそう。



苗の花芽分化が揃った暁には、いちごが実る時期の大幅な前進化や、生育の平準化等、冬季のいちご栽培全体を見通し易くなる。(と言われている)

今年こそ、いちごに振り回されるのではなく、いちごをコントロールしたい。

そろそろ苗の仕上げ ~明日もボンボヤージュ~
未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

甲子園予想 ベスト8編

2019.08.17(21:10)
明日の甲子園、ベスト4が決まる闘いである。

~私個人的な予想~

明石商業 ● VS 八戸学院光星 ○

明石は今までよく頑張って来たが、優勝を狙える程の強さがある八戸に勝つ事は難しいだろう。


中京学院大中京 ● VS 作新学院 ○

中京学院大中京はここで力尽きる筈。
作新の打撃力を不後選手は抑えられないと思う。良い試合をしそうだ。


仙台育英 ● VS 星稜 ○

今日の星稜の試合を見ていて星稜の強さを思い知ってしまった。
奥川選手が投げる限りは点を取る事が難しいだろう。星稜は恐らく決勝に進む。
残念ながら東北は途中で消えてしまう運命にあって、令和の時代をを迎えても歴史は繰り返される。


関東一 ● VS 履正社 ○

履正社でしょう。


テレビの前で試合を観たい所だが、いちごの苗の世話をしながらラジオの前で応援したい。

甲子園の黄色いおじさん知ってる人いる? ~明日もボンボヤージュ~
未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

甲子園予想 明日の注目戦

2019.08.16(20:49)
夏の甲子園、いよいよ明日でベスト8が揃う。
予想も難しくなってきた。

明日の注目の一戦は、星稜VS智弁和歌山だろう。
ドラフトナンバーワン候補の投手のいる星稜か、攻撃力抜群の智弁か面白い一戦。
個人的には互角と予想しているので、好きな高校を応援したいと思う。

~明日の甲子園 個人的な予想~
高岡商 ● ー 履正社 ○
星稜 ● ー 智弁和歌山 ○
仙台育英 ● ー スルガキヒ ○
鶴岡東 ● ー 関東一 ○

残念だが、東北勢はここら辺で消えていくと予想している。

思い入れのある予想はハズレそう ~明日もボンボヤージュ~
未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

甲子園予想 東海大相模VS中京学院大中京

2019.08.15(21:51)
明日の甲子園、注目の一戦がある。
個人的に優勝と予想している東海大相模と中京学院大中京との試合だ。


東海大相模は、前の試合で大量得点を得て勝利する展開に期待していたが、若干生ぬるい試合だった。
なぜなら相手チームのミス中心での得点ばかりだったので、明日の試合が非常に心配だ。

明日の対戦相手、中京学院大中京はこれまでの平均打率が4割弱と攻撃力には申し分無い成績のチーム。
エースの不後選手は、中学時代の全国選抜に選ばれた程の投手で、持ち味は抜群のコントロールらしい。
打者が打てたとしても内野ゴロに仕留めてしまう。しかも左腕。
なかなかランナーを出しそうにない。

それに、中京学院大中京にはもう1人注目の投手が居る。身長193センチの右腕、赤塚選手だ。
コントロールに不安はあるが、長身から繰り出される高低差のある直球で、前試合の北照の強力打線を封じたそうだ。


どちらのチームも打撃力はある。
台風による延期によって万全の状態で出場する投手同士の試合になりそうな流れからすると、中京に風は吹いている。

私個人的な優勝候補として東海大相模を挙げてはいるが、明日の試合では中京大中京が勝ちそうな予感がしている。
なぜならこれまでの過程で、激戦区神奈川県の決勝で20得点を挙げて勝利した東海大相模が、1回戦で辛勝だった結果に何か引っかかるからだ。



ちなみに父の予想は私とは全くの逆で、東海大相模は決勝までに負けるが、明日は勝てるそうだ。

俺は中京だと思うけどなー ~明日もボンボヤージュ~
未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

徐鉄装置の限界量

2019.08.14(21:34)
徐鉄装置を取り付けてから数十日が経過した。

使い方を全て把握していないまま使用していたが、ようやく装置の機能と癖がわかってきた。



この装置の徐鉄の仕組みとしては、「イオン交換樹脂」という特殊な素材が装置の内部に入っていて、通水した水の硬度分(鉄分やマンガン)を吸着する。
装置を通った水が軟水化するということで、イオンソフナーと呼ばれている。

硬度分を吸着したイオン交換樹脂に塩水を通す事で硬度分を変換し、(再生と呼ばれる行程)再度徐鉄が行える様になっている。


ただこの装置、1日に多く水を使用する場合には向いていない。



原水の硬度分にもよるが、大体1,500リットル程の水を軟水化した後、約35分間の再生が行われる。
(基本的に家庭用だから)

再生行程が行われている時に水を使用してしまうと、原水をそのまま通してしまうそうだ。
つまり、1日に1,500リットル以上の水を使用する場合、急に"原水化"する可能性が極めて高い。

当園の場合、最大で6,000リットル程の水を1日に使うので、1日に最大3回程手動でバルブの開閉と再生を行わなければいけない状況が発生する事が判明した。

インターネットからの情報源が完全に絶たれたこの状況からどう切り抜けたらいいのだろうか。


現時点で考えられる選択肢は4つ。

1.再生行程の際に開閉してくれる電磁弁を取り付ける。(取付端子は装置側にはないので何かしらの仕組みで動くやつ。タイマー系は不可。)

2.大型のタンク(5~10トンくらい)の設置or徐鉄装置の台数を増やし、水量によって開閉する電磁弁を取り付ける。(そんなバルブあるのか?)

3.同じメーカーの業務用の徐鉄装置にアップグレードする。

4.水道水でカバーする。

良い方法はどれだ? ~明日もボンボヤージュ~
未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

元船乗りを経て新規就農者し、観光農園をしています。
ひよっこ就農者の農業日記です。

毎日投稿します。

※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ