FC2ブログ

プチ耕運機 みのるくん

2019.07.21(23:14)
本圃の培土の耕運をしている。
いちごの高設栽培専用の耕運機を使って。



この耕運機、多少の改造を施して使用している。
当園の栽培層、ヤシガラ培土、葉寄せシステム2.0に適合させる為には、ノーマル仕様では使い物にはならなかったからだ。

当園専用にアレンジしてやっと使えているので、オーバーな表現をすると、

"世界にただ1つの耕運機"

だと思っている。



改造した耕運機について、まず最初に耕運機の可動部について説明しよう。
培土を耕運する要の部分は、「スクリュー爪」と呼ばれ、耕運した後の培土の落下を防ぐ目的で採用されたギミックらしい。

通常、耕運機を前進させるだけで培土の耕運が行えるスクリュー爪なのだが、当園のヤシガラ培土の耕運には通常の耕運方法が適応しなかった。
ヤシガラ培土の固まる性質と、スクリュー爪の相性が悪いのか、耕運機が全く前進しなかった。


そこで、当園では耕運機のスクリュー爪を培土に刺して耕している。



耕運の方法を解りづらい図に示すと、このような耕運方法になる。
耕運者は、柔道の組み手をしているかのような姿勢と動きに非常に酷似した状態で、汗だくになって作業する。
それでも、手で耕運するよりはよっぽどマシだ。


ちなみに、耕運方法を模索している時に判明したのだが、耕運機を後進した方が使い勝手が良かった事をヒントに、車輪は前後入れ替えてある。(押してもダメなら引いたら上手くいくものだ)


それに加え、当園の葉寄せシステム2.0に適合させる為に、耕運機自体の幅も同時にアップデートした。


(切るだけなんですけどね。)

完璧とは言えないが、培土の耕運は行える仕様への改造は成功したと言えるだろう。

培土の耕運仕上がりも、100点満点中、64点は与えられる程、培土はふかふかになる。



ヤシガラ培土を使用している発砲スチロール製の高設栽培システムを採用しているいちご農家の方でも、
耕運機メーカーの方でも、
栽培システムメーカーの方でも、
培土の耕運方法には、栽培層の破損リスクを考慮して手で耕運する方法を選択している事が多く、耕運機で耕運している事例はない。


もし、YouTubeに動画をUPするならタイトルは決まっている。
【朗報】高設栽培のヤシガラ培土を安全に機械で効率的に耕運する方法が存在!!??

100回再生はイケるかも ~明日もボンボヤージュ~
スポンサーサイト



いちご 準備編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

先輩農家さんの耕運機

2019.07.09(21:08)
高設栽培用の耕運機を購入するにあたって、何社かある耕運機のどれが無難なのかを模索している。
本圃の栽培層培土の耕運までの期限も近いので、早めに決断したい所である。

つい先日、買い出しの途中に近所の大先輩いちご農家の方とばったり会った際に、

私「高設栽培の培土を耕運する機械って持ってます?カルチベーターと言うか、耕運機と言うか、、」

先輩「おう、あるよ」

と、話をしていた事をふと思い出したので、機械を見せていただいた。



寸法を測った所、十分に当園の栽培層でも使用可能。
もっと言うと、多少の改造を施せば痒いところにも手が届くような仕様に変更も可能そうだった。

1時間だけ借して下さい ~明日もボンボヤージュ~
いちご 準備編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

高設栽培用耕運機実演

2019.07.08(22:01)
本圃の高設栽培に使用しているヤシガラ培土。

4年間、1度も土を耕起する事はなく、問題なく使用していたが、いちごの反収が国内最高レベルの農家さんに近づく事を目標に、今年から培土の耕起に挑戦する。

培土の耕運作業は、手で耕起する事も可能ではあるが、投入労働時間短縮の為、高設栽培用の耕運機の購入を検討していた。
機械を購入する前に、当園の複雑な栽培ベッドに適合するかどうかを試してから購入したかったので、耕運機メーカーに実演をお願いしていた。

今日はその実演の日で、実際に培土を耕運してみた。



結論は、"使える"範囲内には収まった。
手で培土を耕起するよりは、圧倒的に機械にやらせた方が効率的になるといった感じだ。


(掘った後の培土は、ふっかふかになる)

この耕運機。
使う時に1番恐ろしい事があって、

"耕運機のツメが栽培層を傷付ける"事がある。

当園の栽培層は、発砲スチロール製。
柔らかい発砲スチロールの中身に、回転する鉄の歯車を入れて混ぜる訳だ。
もし、耕運機の位置がズレると、発砲スチロールに傷を付けてしまい大変な始末になる。


例えると、お気に入りのコップに入れたバナナに、ミキサーの回転部分のみを突っ込み、コップに傷1つ付けずにバナナ牛乳を1,000杯作るようなイメージをしてもらうと近いかもしれない。

ミキサーを使えばめっちゃ早いけど、コップに傷が付く可能性がある。
コップに傷を付けたくなければ、手でバナナを混ぜて、1,000杯のバナナ牛乳作らなきゃなんないよ?あなたはどっちを選ぶ?
といったイメージだ。


耕運機の話に戻ろう。

耕運機の使用だが、"栽培層に傷を付けないように作業する事"を最優先にした上で慎重に行えば、培土の耕運は安全かつ作業の超効率化できると判断出来た。

手で掘るのはちょっと、、、 ~明日もボンボヤージュ~
いちご 準備編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

耕運機の実演

2019.06.14(21:29)
今シーズン終了後、高設栽培の培土を耕運してみる。

過去4作共、培土の耕運をせずに使い続けているのだが、毎年培土を耕運した方が、次作の生育が優れるそうだ。

高設栽培専用の耕運機を所有していないので、購入する予定だが、
ネットで検索する限り、いちごの高設栽培ベッドの土を耕運する機械は、日本国内に数社しか存在しない。

耕運機自体も高価な物なので、機械の実演をしてくれるメーカーを探していた。

探した結果、1社だけ販売する気があるメーカーとアポが取れ、来月に実演を行なってくれることになった。

理想的な耕運機は、
栽培ベッドの上をスムーズに動ける機動力、
培土の耕運幅、深さ、作業姿勢、総合的な作業のスピードを考慮した素晴らしい耕運機だ。

当園の栽培ベッドは、少し特殊な形状になっている上、若干の改造が施してあるので、ピッタリフィットする機械があれば、、、と思う。

「テデホール(手で掘る)」という人力の耕運機になる結末だけは避けたい。

実演は来月、非常に楽しみだ。

昨日も似たような事書いた気がする ~明日もボンボヤージュ~
いちご 準備編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

培土の耕運 ~ヤシガラ培土~

2019.03.23(23:23)
今シーズンの作付けが終了後の話になるが、
本圃の培土の耕運を考えている。

長い期間、土を同じ状態にしていると、底にある土が堆肥化する事があるそうだ。

使用しているヤシガラ培土は、年数と共に排水性、保水性、緩衝性などが低下し、有機質100%なので目減りもする。

一度耕運して、まっさらな状態に戻したい。

手で掘るか、機械で掘るか ~明日もボンボヤージュ~
いちご 準備編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ