FC2ブログ

10月へ

2020.09.29(20:41)
明日で9月が終わる。

日に日に涼しくなっていて、気付けばもう10月を目前にしている。

如何に時間が経つのは早いものなのかと感じる。(年齢を重ねる程早いのは何故?)


今月、急ぎ足でいちごの定植を終え、

急ぎ足で稲の収穫を終えた。

天候と、作物を優先にした管理、そしていちごと稲作の両方の同時進行。
となるとどうしてもまとまった時間が作れないものだ。


ヨーロッパのバカンス制度?のように、

「仕事がしたくなるまで休む」

といった休暇の取得には今でも憧れる。

船の学校で、教官が語っていた事を思い出す。

日本人は勤勉な国民性なので、
旅行や休暇に予定を詰め込み過ぎるそう。

外国人の様に、数週間連続で1日中浜辺に寝っ転がっていられないらしい。


もし、上司や社長から、

「休め」

との指示があったら、ノープランで行く場所は何処になるだろうか。


いつかは休暇を取ってみたい ~明日もボンボヤージュ~
スポンサーサイト



雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

自然と人間

2020.09.03(20:56)
昨夜の事。

本圃ハウスを確認しに行った時の話だ。


外で気持ちが悪い獣の叫び声を聞いた。

昨年の今の頃も聞いた獣の泣き声。

初めて聞くとちょっとビビってしまうような泣き声だと思う。


インターネットで、タヌキ、ハクビシン、キツネ、イタチの鳴き声を検索したが違う。

「気持ち悪い泣き声」

で調べると、

「アカギツネ 」

がヒットした。

音声を聞いた。

紛れもなくそれだった。


何やら、人間のような叫び声と書いてあったのだが、本当にそれだ。

過去に、きゅうり栽培に使っていた資材や、

栽培していたトウモロコシ畑を荒らした犯人に違いない。


キツネは、生態系では頂点に位置しているそうで、海で言うクジラと同じだ。

中山間で農業を営んでいる方が、狩猟出来る後継者が減って土地が荒らされている。

海も同じで、捕鯨船が減った代わりに増えた鯨が捕食した小魚が減る。そして漁業者が苦労する。

山では木を伐採する人が減り、洪水等の自然災害の被害を拡大させていると聞く。


人の手を加えた自然界は、人が最後まで手を加え続けなければいけない気がする。


もののけ姫がそれ? ~明日もボンボヤージュ~
雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

あまい

2020.08.31(21:07)
いちごを作って今年で6年目を迎える。
23歳の時に脱サラし、3年のきゅうり栽培と、
1年のいちご作りの研修を経て今に至る。


船乗りをしていた頃は、多少の規律によって管理されていた。

高校3年間の寮生活と合わせると8年間程。
管理されている立場だった。

今では自己管理と、いちごの管理等を全て自分で決められる個人事業主という訳だが、
これに慣れるまでは難しい。

何故なら、自分に甘ければどこまでも甘えられるという落とし穴があるからだ。

朝、何時に起きようが自由。

サボるのも休むのも自由。

自由が故に欠点も存在する。

限りなく上を目指せる反面、どこまでも下に落ちる事も出来る。

ある意味、管理されていた方が気楽な上、安全なのかも知れない。


よく、サラリーマンはストレスが溜まる。
と聞くが、個人的には間違いだと思う。

私的には、ストレス度合いに差は無いと思う。

逃げたい。

休みたい。

眠たい。

自由になりたい。

こんな事を日々考えながら時間を耐え抜いたりする訳だ。


私には船乗りの経験で感謝している事がある、

いつも海の上で逃げ場がなかった事、

1枚壁の向こうに嫌いな上司が寝泊りしていた事、

休みの日がほぼなかった繁忙期、

夜中の仕事続く不規則な生活。

それが今のいちご作りにもの凄く活きている。

当たり前のように感じていることは、実は当たり前ではない事に気付かないといけない。

三食の食事、

寝床、

お風呂、

水が飲める事、

それによって自由を得られている事。

環境や自分に甘えないようにしたいものです。


甘すぎると溶けて無くなるから ~明日もボンボヤージュ~
雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

欲と感情のはなし

2020.04.17(21:49)
当園がいちごを栽培する前、きゅうりを栽培していた。


家族5人で約17aの面積を3年間栽培した。


きゅうりを栽培していた圃場は、今では駐車場へと姿を変えている。


当時は、6月~9月までの3ヶ月間。


日の出と共に収穫を始め、


きゅうりの長さ、太さ、傷の有無を判別し、


決められた出荷形態に合わせて梱包し、


市場に出荷していた。


収穫のピークの時には、21時まで農作業をする日が続いた事もあった。


当然、休日などはなかったが、


元船乗りを経験した私には、


2年間、実家に帰れずに船で生活し続けた経験がある。


船乗りでは普通だと言われる、2ヶ月間陸に降りなかった事もある。


でも衣食住と、まとまった休息の時間さえあれば、意外とイケる。


問題なのは、ストレスから逃げ出したい自分自身の感情との闘いがある。


欲を押し殺す為の手段を模索し、


少しでも自分の居場所の確保しようと行動させ、
メンタルを保とうとする。


これは、微生物のアメーバと同じで、


苦痛から解放されたいという潜在意識が働き、自然と行動を起こすように本能的にプログラムされているからだと思う。


そして、刻一刻と変化する環境に対応する能力というものは、人間が誰しも持ち得ている。


本当の勝負というのは、1度諦めてから。


自分に勝つ事が、1番難しい。


アスリートや、トップ投資家はそれらを上手くコントロールしているのだと思う。


自分の感情や欲に負けたら、待っているのは奈落の底しかない。


人間の弱点は感情 ~明日もボンボヤージュ~
雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

リスキーな商品【続き】

2020.02.24(20:08)
昨日、ヤフオクで出品されていた園芸用暖房機。


落札価格が気になっていたので、しばらくウォッチした。


最終的には地球の誰かが、177,000円で落札したようだ。








価格は、

"5万円までは上がる"と予想していたのに対し、

予想以上に跳ね上がっていた。








よくもまあ動作未確認、引き取り限定にそこまで"張れるなぁ"と正直思いました。


128件もの入札があったので、
"目利きの良い瀬取ラー"も混じっていたかもしれない。


4年に1度のお宝?商品は、なかなかのお宝だったのかもしれない。


ふと思ったが、インターネット出品だと、親指一本で取引出来る為、明らかに競争が多い。


まず、この園芸用暖房機を狙う場合、
需要期ではない真夏を狙った方がライバルは少なくなるだろう。


そして、現代だからこそインターネットを使わずにアナログな手段で中古品を探した方が、妙味もあり、魅力的だと思った。


「誰でも」「簡単」「楽」

と言う甘い蜜ワードには、多くの人が集まるに決まっている。


便利なモノは高いって言うよね ~明日もボンボヤージュ~
雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

リスキーな商品

2020.02.23(20:20)
ヤフオクで、中古の「園芸用暖房機」を見つけた。





末端価格は新品でおよそ80万円。

1,000円スタートで、今のところ11,000円だが、
恐らく5万円近くなるだろう。


約4年間程、暖房機に関するオークションを覗いているが、ここまで格安の出品は見かけないので、下手をすれば値打ち物かもしれない。


ただ、格安出品には当然ワケがある。

・動作未確認(通電も未確認)
・NC、NR(ノークレームノーリターン)
・引き取り限定(商品重量250kg)

という、"動かなかったら泣き寝入りですけど売ります"という、購入者は一か八かのギャンブル商品なのである。


インターネット上では、「動作未確認」は、

動作しなかったのにも関わらず、

"動作しなかったという体"で出品されるケースもあり、

購入者が泣き寝入りするという事例は枚挙にいとまがなく、非常にリスキーである。


その代わり、修理が可能な技術を持ち合わせて居る方や、転売に自信のある方には、結構なベネフィットが得られる商品でもある。


この暖房機。

もし、全く動かず、

"新品を購入した方が安い"鉄屑同然だった場合、

廃棄する作業中にはもれなく、

「強烈な不快感」を味わえることになる。

"最悪や、、くそぅ、、"と。

でも上手くいけば「歓喜の雄叫び」を上げられる。

"どんなもんじゃい!"と。

こんな類はギャンブルになる。


胡散臭さ、、

ハイリスクハイリターンな商品、、

心のざわざわ、、

私が持ち主なら簡単には手放さないが、何故売られているのだろうか?


賭け事はいかん罠 ~明日もボンボヤージュ~
雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

BICライター

2020.02.18(22:05)
このライターをご存知あるだろうか?





「BIC」とロゴが入っているライターだ。

凄く長持ちするライターだ。

誰かが使っているのを見たら、
決まって自分のライターとトレードしているライターだ。


では、


「なぜ、BICのライターが長持ちするのか?」


知識に無かったので、インターネットで検索してみた。


すると、BICのライターは、通常のライターの3倍程着火が可能なライターとの事。


普通のライターは、"ブタンガス"を使用しているのに対し、BICのライターは、"イソブタンガス"という気化しにくいガスが使われているそう。


着火回数も多く、"低温でも炎が安定する"。


使ってみても確かに頷ける。

冬季、タバコに着火する際に火が小さくならない為、2秒程早くニコチンタイムを堪能できるライターはBICを置いて右に出る者はいないだろう。


made in france製で、フランスの筆記用具メーカーが製作しているそうだ。

見た目は、コンパクトで軽い。そして"ダサく"、長持ちするようには見えない。

ところがどっこい、中身はどのライターにも負けない物だ。


もし、誰かがBICのライターを使っている場面に遭遇したら、"さりげなくライター交換"を提案しよう。高確率で交換が可能なはずだ。


ところで、何で"BIG"ではなくて"BIC"なんだろうか?


ん?あれ?禁煙は? ~明日もボンボヤージュ~
雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

灯油のホームタンク

2020.02.03(20:11)
灯油のホームタンクを譲っていただいた。





市内の産直に行った際、

「440リットルの灯油タンク譲ります。詳しくは事務室まで」

との張り紙があった。


丁度、灯油タンクが欲しかったので、アポを取ってもらい、現物を見に行った。

状態はすこぶる良好で、タダでいただくのには正直、気が引けるような品だった。


余談だが、灯油のタンクは、危険物取扱法のような事もあり、MAXの容量よりも1割程バッファがある。
本来の容量はもっと多いそうだ。



ちなみに、当園がこれまで譲っていただいた物は結構ある。

・育苗のポット12,000個(アイポット)
・22ミリの直管パイプ120本(6m)
・22ミリの直管パイプを固定するクロスメタル600個くらい
・プランター110個
・300坪用の暖房機
・地温暖房機(長府製 熱量31,000kcal/1h)
・育苗の液肥混入機(定量ポンプ式)
・1,000リットルの水タンク

どれも、今の農園運営には欠かせない道具ばかり。

全てタダなのは、本当にありがたい。


あっ、良い物あったら譲ってくださいね ~明日もボンボヤージュ~
雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

修羅BARの話

2020.01.24(22:39)
Twitterで、「いちご狩りのマナー」について物議を醸している。


https://j-town.net/tokyo/news/localnews/300625.html


要は、「食べられるいちごの部分を捨てている」という事だ。


当園では、そのようなお客様はいらっしゃらないので、とても素晴らしいお客様に恵まれている。


ただ、個人的にだが、こういった事はインターネット上に投稿する事ではないと思っている。


不満があるならば、


「面と向かって言うべき」


だと思う。


共感を味方に群れを呼ぶ。


そんな事は要らないと思う。



ついこの間、BARのカウンターで飲んでいた時、

私が、BARのマスターに、

「◯◯◯っていうラーメン屋ありますよね?

この間、知り合いに連れてってもらって微妙だっ

たんですが、ラーメン好きな友人にと食べに行っ

たら、友人も僕も"不味い"と思ったんです。

そのラーメン屋が3ヶ月後に潰れなかったら、

私は坊主にします。」

と語った。


すると、BARで少し離れた席に座っていた方に絡まれた。

「あのさ、さっきから聞いてるんだけど、

俺そのラーメン屋の経営者なんだけど。

それに、彼女(隣に座っている女性)は、

そこの従業員なの。」


「どこの誰かはわからないけど、

自分がそう言われたら嫌でしょ?」


「酔ってるからもあると思うけど、

そういった話はしなくていいんじゃないの?」


「もっと楽しい話をしたらいいじゃん」


「君、性格悪いでしょ。」


「さっきから言葉遣いなってないし。」


「俺、◯◯っていうんだけど、この辺で◯◯って言えばみんなわかるから」(※ここで名刺交換)


たしか、"修羅BAR"な空気になり、"暖冬並み"に辺りが凍り付いた事を覚えている。



ただ、私は面と向かって感想を聞かれた事に何も思ってはいない。

正直に、主観的な感想を吐露していただけだ。


ちなみに、"修羅BAR"になる前、絡んできた方と同行していた方に、"一気飲みを3回強要された後"だ。




お前もネット上に書いてるって?


「面と向かって言った上で、エピソードを書いているんだ」


お酒は楽しく飲もう ~明日もボンボヤージュ~
雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

日めくりカレンダー

2020.01.20(20:23)
とある飲食店で見つけた日めくりカレンダー。

言葉が刺さる。

こういったものは好きだ。









こういった耳障りの良いフレーズは、

暗記して頭でっかちになっても、

行動しなければ意味が無いんですよね。


ツウぶってはいけない ~明日もボンボヤージュ~
雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ