FC2ブログ

BICライター

2020.02.18(22:05)
このライターをご存知あるだろうか?





「BIC」とロゴが入っているライターだ。

凄く長持ちするライターだ。

誰かが使っているのを見たら、
決まって自分のライターとトレードしているライターだ。


では、


「なぜ、BICのライターが長持ちするのか?」


知識に無かったので、インターネットで検索してみた。


すると、BICのライターは、通常のライターの3倍程着火が可能なライターとの事。


普通のライターは、"ブタンガス"を使用しているのに対し、BICのライターは、"イソブタンガス"という気化しにくいガスが使われているそう。


着火回数も多く、"低温でも炎が安定する"。


使ってみても確かに頷ける。

冬季、タバコに着火する際に火が小さくならない為、2秒程早くニコチンタイムを堪能できるライターはBICを置いて右に出る者はいないだろう。


made in france製で、フランスの筆記用具メーカーが製作しているそうだ。

見た目は、コンパクトで軽い。そして"ダサく"、長持ちするようには見えない。

ところがどっこい、中身はどのライターにも負けない物だ。


もし、誰かがBICのライターを使っている場面に遭遇したら、"さりげなくライター交換"を提案しよう。高確率で交換が可能なはずだ。


ところで、何で"BIG"ではなくて"BIC"なんだろうか?


ん?あれ?禁煙は? ~明日もボンボヤージュ~
スポンサーサイト



雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

灯油のホームタンク

2020.02.03(20:11)
灯油のホームタンクを譲っていただいた。





市内の産直に行った際、

「440リットルの灯油タンク譲ります。詳しくは事務室まで」

との張り紙があった。


丁度、灯油タンクが欲しかったので、アポを取ってもらい、現物を見に行った。

状態はすこぶる良好で、タダでいただくのには正直、気が引けるような品だった。


余談だが、灯油のタンクは、危険物取扱法のような事もあり、MAXの容量よりも1割程バッファがある。
本来の容量はもっと多いそうだ。



ちなみに、当園がこれまで譲っていただいた物は結構ある。

・育苗のポット12,000個(アイポット)
・22ミリの直管パイプ120本(6m)
・22ミリの直管パイプを固定するクロスメタル600個くらい
・プランター110個
・300坪用の暖房機
・地温暖房機(長府製 熱量31,000kcal/1h)
・育苗の液肥混入機(定量ポンプ式)
・1,000リットルの水タンク

どれも、今の農園運営には欠かせない道具ばかり。

全てタダなのは、本当にありがたい。


あっ、良い物あったら譲ってくださいね ~明日もボンボヤージュ~
雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

修羅BARの話

2020.01.24(22:39)
Twitterで、「いちご狩りのマナー」について物議を醸している。


https://j-town.net/tokyo/news/localnews/300625.html


要は、「食べられるいちごの部分を捨てている」という事だ。


当園では、そのようなお客様はいらっしゃらないので、とても素晴らしいお客様に恵まれている。


ただ、個人的にだが、こういった事はインターネット上に投稿する事ではないと思っている。


不満があるならば、


「面と向かって言うべき」


だと思う。


共感を味方に群れを呼ぶ。


そんな事は要らないと思う。



ついこの間、BARのカウンターで飲んでいた時、

私が、BARのマスターに、

「◯◯◯っていうラーメン屋ありますよね?

この間、知り合いに連れてってもらって微妙だっ

たんですが、ラーメン好きな友人にと食べに行っ

たら、友人も僕も"不味い"と思ったんです。

そのラーメン屋が3ヶ月後に潰れなかったら、

私は坊主にします。」

と語った。


すると、BARで少し離れた席に座っていた方に絡まれた。

「あのさ、さっきから聞いてるんだけど、

俺そのラーメン屋の経営者なんだけど。

それに、彼女(隣に座っている女性)は、

そこの従業員なの。」


「どこの誰かはわからないけど、

自分がそう言われたら嫌でしょ?」


「酔ってるからもあると思うけど、

そういった話はしなくていいんじゃないの?」


「もっと楽しい話をしたらいいじゃん」


「君、性格悪いでしょ。」


「さっきから言葉遣いなってないし。」


「俺、◯◯っていうんだけど、この辺で◯◯って言えばみんなわかるから」(※ここで名刺交換)


たしか、"修羅BAR"な空気になり、"暖冬並み"に辺りが凍り付いた事を覚えている。



ただ、私は面と向かって感想を聞かれた事に何も思ってはいない。

正直に、主観的な感想を吐露していただけだ。


ちなみに、"修羅BAR"になる前、絡んできた方と同行していた方に、"一気飲みを3回強要された後"だ。




お前もネット上に書いてるって?


「面と向かって言った上で、エピソードを書いているんだ」


お酒は楽しく飲もう ~明日もボンボヤージュ~
雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

日めくりカレンダー

2020.01.20(20:23)
とある飲食店で見つけた日めくりカレンダー。

言葉が刺さる。

こういったものは好きだ。









こういった耳障りの良いフレーズは、

暗記して頭でっかちになっても、

行動しなければ意味が無いんですよね。


ツウぶってはいけない ~明日もボンボヤージュ~
雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

来年に向けて

2019.12.31(21:06)
大晦日である。

これほど1年を思い返す日もない。

昨年は、確か「挑戦する1年にしたい」

と大晦日にブログを書いたかもしれない。

事実、挑戦は数々したのだが、結果的に大半が失敗ばかりで終わった。

そんな2019年だったかもしれない。

しかし、挑戦とはそんなものだろう。


さて、来年の目標は、

「攻める」

挑戦よりも、もっとセグメントした事に切り込みたい。盾を捨てる戦いに挑みたい。



ところで、1年の節目に思いついた目標を達成できる人はどのくらいいるだろう?

恐らく、思い付きで考える目標が多いと思うので、達成できる人は少ないはずだ。

今すぐ行動に移さなければ明日には忘れているし、そこに信念はない。

ただ、周りに振り回されているだけになる。


なので、1年で達成不可能に近い目標を1つ掲げておきたい。

「禁煙に成功する」


自分には勝ちたいですね ~来年もボンボヤージュ~
雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

144-91

2019.11.27(19:50)
つい最近温泉に行った時の話。

温泉に行った時、銭湯や運動施設等でよく見かける血圧計があったのでなんとなく測ってみた。

すると、144-91だった。
どうやら血圧が高い数値らしい。

ここ半年間、急激に立ち上がってお手洗いに行った時や、浴槽から上がって頭を洗おうとした時、血の気が引いて"ヤバくなる時"がよくある。
恐らくその頃から血圧が高かったのかもしれない。

思い起こせば船乗りを辞めてからは、健康診断的な事を受けた記憶がない。

船にもドックってあったな ~明日もボンボヤージュ~
雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

神戸市の極楽湯での話

2019.09.17(22:24)
19歳から24歳の間、船乗りをしていた。

神戸~東京へ荷物を運ぶ航路が主だった。

乗船中、時化に見舞われる事もある。
当然、船も揺れる。
お風呂場では、湯船に溜めたお湯が3分の1になったりすることもあった。
ゆっくり湯に浸かることが出来ない航海が続いた後の上陸では、よく温泉に行っていた。

陸に上がる場所は、東京か神戸。
東京では、チャリで行けるお台場の「大江戸温泉」。
神戸では、「極楽湯」によく通っていたものだ。
神戸港から近い極楽湯には、特によく通った。


神戸の極楽湯でのある日の事だ。

温泉に行くと必ず目にするロッカーがある。
衣類を入れたロッカーの鍵は、ゴムやバンドで手首に付けて入浴するのが普通だ。
しかし、髪の毛を洗う際に手首の鍵が邪魔になった経験はないだろうか?
そこで私は、足首に鍵を装着して入浴した事がある。

温泉に入る前に体を清め、4~5人しか入れないような狭い湯船に浸かった。
鉄湯?(そんな感じの)、少し特別感のある湯に入った。

温泉を楽しんでいると、足先に誰かの足が当たった。
公共浴場なので、普通にある事。

目の前には、35歳位の男性がこちらを凝視していた。
私は、穏便に事を済まそうと、軽く会釈をした。

しかし数十秒後、また足が当たった。それも、2~3回。故意にツンツンしてきた。
男性は、こちらを凝視していた。
私は、

「なんだこいつ、、」

と思い、そそくさと別の湯船に移動した。(トラブルは御免だ)

温泉から上がり、喫煙所で事の一部始終をM君に話した。
M君は、

「こーゆーとこにはホモおるからな笑。もしかしてお前、狙われとるんちゃうん?笑」

と爆笑していた。(冗談じゃない、、、)


そして数年後。
TVでオカマの方が言っていた。

「銭湯や温泉で、足にロッカーの鍵を付けていたら自分がゲイだと示していることなのよ。」

、、、身の毛がよだつとはこの事だと感じた。
まさか、そんな暗黙のルールがこの世に存在していたなんて想像もしていなかった。

それを知って以来、銭湯や温泉に行く機会が減った事は言うまでもない。

俺は女が好きなんだよ! ~明日もボンボヤージュ~
雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

ひもQグミの発売終了

2019.08.27(20:48)


明治のお菓子、「ひもQ」の販売が終了するそうだ。
ネットのニュースで話題になっていた。

明治いわく、グミを製造する機械の老朽化によって、生産が不可能になるとの事。


個人的に好きなグミの中のトップ3に入るお菓子。
生産は既に終了したそうで、いつ店頭から消えるかは不明だ。

小中学生の時は、ひもQの縄跳び。
高校生の時は、ボーラインノットやエイトノットなどのロープワーク。
社会人になってからはオンラインゲームやPCをしながら手放しで食べられる唯一のお菓子だった。

偶然、ニュースになる直前にセブイレで購入したばかりで一袋残っている。
食べるのは非常に惜しい。

グミ市場の競争は凄くなったな ~明日もボンボヤージュ~
雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

セブイレ700円くじ

2019.07.02(21:57)


コンビニエンスストア最大手企業、セブンイレブンでセブンフェアが開催されている。
700円以上の支払い毎に1回くじを引け、当たった商品をゲットできる。

煙草のまとめ買いの際に寄り、くじを引いた。
今回引いたくじは12枚。
結果、4枚当選した。(1つはグリコのヨーグルトだったのでその場で消費)
12戦4勝、勝率30%と結構良い結果となった。

知っている人は多いかも知れないと思うが、このくじ引きには勝率を高められる方法が存在する。

比較的混まないコンビニは、くじが当選すると、店員さんは商品棚から当選した商品を持ってくるが、混雑するコンビニや、朝の通勤の時間帯や、お昼の時間帯、夕方の通勤の時間帯には、レジ付近にあらかじめ用意しておく傾向がある。

このセブンフェア。
コンビニ側の背景としては、

"商品の交換業務が面倒"

との事情が存在する。

レジの業務効率的に、いつまでもハズレくじを引いてもらっていてはレジ業務がスムーズに行えなくなる場面を懸念し、

"あらかじめ決まった数の当たり券ならばさっさと処理してしまえば後々楽になる"
(FC店なら尚更)

といった思惑があるそうだ。

混雑する忙しいコンビニが、何の為にハズレとアタリを混ぜ混ぜし、予測不可能な商品交換業務を狙って仕込む?

当たり券の数が決まっていたらとっとと放出した方がトータル的に仕事楽じゃね?

といった事情の存在を考慮した場合、当たり券は抽選箱の上部に多い傾向にあるという事になる。
つまり、抽選箱の底はハズレ券ばかりになるので、運に頼って抽選を受けるのは愚かな行為になると言える。(逆パターンも然り)

ただし例外も存在する。
それは、誰かが抽選箱内のカードをシャッフルしてしまった場合。
これまでの法則は全て崩れるだろう。

余談だが、強欲な人は抽選口でカードをチラ見し、当たり券のみを選択して引き抜く猛者もいるそうだ。

これは"フェア"なのか? ~明日もボンボヤージュ~
雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

詐欺にご注意

2019.06.27(21:32)
ここ1ヶ月程、IBCのラジオ放送を毎日聴いている。

番組内で話題になった、「電話」や、「メール」、「ネット」での詐欺の話を聴いていて非常に気になった。

今の日本国は、高齢化に歯止めがきかない状況もあり、高齢者をターゲットにした「詐欺」が多い。

ひと昔前は、「オレオレ詐欺」。

その次は、「振り込め詐欺」。

最近では、「アポ電」。

更に、高齢者のスマホの普及を逆手に取った悪どい商売をしている輩も実在している。
完全に、"犯罪版シルバーマーケット"が存在していると言えよう。

最近のニュースでは、
「競馬のレースで勝ち馬を教えるから1,000万円振り込んで欲しい」
との電話で詐欺に遭ってしまった事が報じられた。
しかし今後は、電話での詐欺以上に、インターネットやメールでの詐欺が増加しそうだ。


そこで私なりに、最近、もしくは今からスマートフォンを手にする方に、未然に詐欺を防ぐコツを紹介したい。

それは、

「"スマホジャンキーになること"」

だ。

実は、"毎日スマートフォンを手放せない人"は、インターネット上での立ち回りを理解している。
現実世界では得られない経験がネット上に存在し、経験しなければ理解出来ない事だからだ。


「インターネット初心者あるある」を1つ紹介したい。
興味のあることを調べるツール(道具)が、スマホでありインターネットだ。

"ちょっと人には言えないヤバめのサイト"

に足を踏み入れてしまう場面がある。(特に男性)

「あ、このサイトはちょっと危ないな。」

とか、

「あーこれ釣りだわ」

とか、

「文脈とかパワーワードの羅列からして胡散臭さがプンプン臭う。」

等、"何気ない日常"から危険な状況を経験する。
これは人間で例えると子供時代に当たる。
その経験が、将来的に危うい場面を事前に察知出来る能力が培われていくものだったりする。

現実世界の常識は、もちろんそれは現実世界でしか通用しない。
つまり、ネット上の世界を知らなければ、ネット上の世界でまともに立ち回る事が難しいと思う。

ただ、本質だけはいつも変わらない。
人間の欲望を上手く利用してくるのが詐欺師だ。
"詐欺師目線"で観れる事が、身を守る術になる。

美味しい話を自ら持ちかけてくる人には注意 ~明日もボンボヤージュ~
雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ