FC2ブログ

どうしてヘタ入れ容器を変えたの?

2020.01.19(21:22)
今シーズンの開園日から、

「いちごのヘタ入れ」の容器を変えていた。


昨シーズンまでは、お客様にお貸ししていた、
いちごのヘタ入れは、プラスチック製のコップに穴を開け、紐を通し、首からぶら下げられる物を採用していた。

6年前の採用当時は、「練乳」、「チョコレートシロップ」のサービスは頭になかったので、

練乳とチョコレートシロップ容器は、別の容器をご用意していた。



農園の歴史の流れで変化もあり、
「ヘタ入れ」「練乳入れ」を一体化させた容器があったので、今シーズンからそちらに変更させていただいた。


変更した理由としては、

「ヘタ入れ容器洗浄のコスト高騰」

です。

毎日のように、ヘタ入れを洗浄していたのは、
私の母親で、乾燥&運搬&準備をしていてくれていたのは父親である。

ヘタ入れを洗浄する際、たまにヘタ入れに練乳が入っていることもあり、洗浄に手間もかかっていた。(と思う)



家族には自由な時間を(そもそも無給料なのでせめて)

お客様には浮いたコストの還元を(お手洗いの温水化等)

の為に、ヘタ入れ容器を変更した。


もっと言うと、

経費にならない自宅の市水道を使った洗浄、

自宅の電気で沸かした温水で洗浄する事、

家族以外に容器を洗う人を雇った時のコスト、

練乳&チョコレートシロップ用容器のコスト、

数値化せずとも明らかだと思うが、「儲からない」「資源の大いなる無駄」「今後の設備投資不可」に繋がると考えています。



ちなみに明後日、30歳(念願の?)を迎える私に、

「嫁さん」が出来れば、以前のヘタ入れに戻る可能性はなきにしもあらずですが、

考えれば考える程、1番当てにならない可能性が高いです。
(最近、会う人全ての口癖かと感じる)



ご理解の程、よろしくお願いいたします ~明日もボンボヤージュ~
スポンサーサイト



いちご いちご狩り | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

Instagramはじめました

2020.01.18(20:51)
インスタはじめました。

使い方はまだよくわかりませんが、

ブログ同様に、いちごの実っている様子等をアップしていきたいと思います。






ちなみに初投稿してみました。

【恋みのりの様子】


アカウントをフォローしていただけると幸いです。


これ、ホームページにも埋め込みたい ~明日もボンボヤージュ~
いちご いちご狩り | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

冬の完熟サイン

2020.01.17(20:07)
おいCベリーの果実が熟しに熟しきっている。







寒い時期のいちごは、熟し過ぎて糖度の限界を迎えると、

ヘタの下がパックリと裂ける。


いちごが、

「もう限界!早く取って!」

と言わんばかりに。


熟し過ぎたいちごは、当然柔らかく、日持ちもしないので、

残念ながら"パック詰めの商品では出回らない"。



いちご狩りでしか味わうことの出来ない、

特別ないちごなのである。


もし見つけたら狙ってみてね! ~明日もボンボヤージュ~
いちご いちご狩り | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

恋みのりフェア開催

2020.01.09(20:11)
今週末のいちご狩りでは、恋みのりの大粒が楽しめそうな状態だ。



(恋みのり大粒フェア開催!って感じに実りまくっています)


写真ではなく数字にすると、一粒50~60グラム前後の恋みのりの果実が、約1600株に実っている状態である。


恋みのりという品種は、大粒の果実が実る割合が多いのが特徴。


大粒にかぶり付きたい方には是非、おすすめしたい品種だ。





個人的には、「果汁」と「大きさ」に特化した品種だと分析していて、

味は、甘さ控えめでジューシー。

非常に多汁質な品種だと感じる。



どちらかというと甘さ控えめの品種なので、味に飽きることなく、お腹いっぱい食べられると思う。


よかったら感想を聞かせて下さいね ~明日もボンボヤージュ~
いちご いちご狩り | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

週末の開園に向けて

2020.01.07(23:18)
週末の開園に向けて、苺が赤くなってきている。





今の時期、日はまだまだ短いが、

冬場の低温によってゆっくりと時間をかけていちごが熟す。

その為、果実への糖分の蓄積も多くなるのが特徴だ。

いちごの実の量が少なく、果実が登熟するスピードも遅い為、開園日数が少なくなってしまっていて申し訳ないのだが、

今週末は、普段通り、完熟の果実を揃えてから開園をしたいと思っている。


休園明けは狙い目です ~明日もボンボヤージュ~
いちご いちご狩り | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

おいCベリー最盛期

2019.12.27(21:40)
おいCベリーの果実が大量に実っている。





おいCベリーは、元々収穫量が少ない品種。

それが今、大量に実っている。

年間を通しても、ここまで大粒が揃う事は稀で、

来月になると、次第に小粒になってしまう。

おいCベリーは、

「小粒の方がおいしい!」

との声もあるが、

やはり、"大は小を兼ねる"と言うだろう。

今週末、ご来園されるお客様だけがお楽しみいただける特別な週末になりそうだ。

当園1番人気の品種を、心ゆくまでご堪能いただきたい。

乞うご期待 ~明日もボンボヤージュ~
いちご いちご狩り | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

今シーズン初オープン日を終えて

2019.12.21(21:00)
約半年間のオフシーズンを経て、
念願の今シーズン初オープンを迎えた。


当園に何度かお越しいただいているお客様も多く、

「ホームページ&ブログを毎日チェックして楽しみにしていました!」

との大変嬉しいお声と

「いちご美味しかった!」

と非常に有難いご感想をいただいた。

開園初日から、既にオールスター?が集結したように感じた。



昨晩、床についた際、今日の開園を迎える事を想像したのだが、まるで修学旅行前日の学生かのようにニヤけてしまい、なかなか寝付けなかった。

それが現実になり、正直むちゃくちゃ嬉しい。

なにせ、これだけ笑顔になれた日は約半年間ぶりかもしれないからだ。


今シーズン、今日の自分以上に笑顔になっていちご狩りを楽しんでいただけるお客様を、1人でも多く増やしたい。


ニコチン摂取量は減らしたい ~明日もボンボヤージュ~
いちご いちご狩り | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

オープンはいつ?

2019.11.29(20:44)
いちご狩りの開園日について、多くのお問い合わせをいただいている。

いちごの実の状況次第になるので、ハッキリとした開園日を断言する事が難しいのだが、
今現在の予定としては、
12月15日~20日の間での開園を考えている。


ただ、12月は曇天日が多い事もある。
十分ないちごの実の量が確保出来ない場合は、開園が遅れる可能性も十分ある。

開園日が決まり次第、ホームページでお知らせします。

もう少々お待ち下さい ~明日もボンボヤージュ~
いちご いちご狩り | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

今シーズン終了

2019.06.02(21:28)
今シーズンのいちご狩りが無事に終了した。

大きな事故もなく、いちご園を支えてくれている家族全員も健康でいてくれている事にホッとしている。

最終開園日となった今日、リピーターのお客様も、初めてのお客様も多くご来園された。
お見送りの際、既に来シーズンを楽しみにして下さっている声を多く頂いた。

「新しい品種、楽しみにしてます!」

「また来年、、?あ、今年か!来シーズン、楽しみにしてます!」

「また来まーす!」

当園のいちごを楽しみにされているお客様の為にも、これから半年間頑張って準備をさせていただく所存であります。

期待に応えられるように ~明日もボンボヤージュ~
いちご いちご狩り | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

最終開園日に向けて

2019.05.29(21:35)
今週末の6月2日は、最終開園日になる。
最後の日まで、いちごの実をたんまりご用意させていただく。



勘の良い方はもう既にお気付きかもしれないが、少し宣伝をさせていただく。

今週末の最終開園まで、べにほっぺ、あきひめ、おいCベリー、恋みのりと4品種全てにおいて大粒が良く揃っていて、選び放題必至になりそうだ。

毎シーズンだが、最終開園日前後のご予約はとっても容易である。
予約可能率は99.9998%程と推測している。
つまり、ほぼほぼ確実にご予約が可能だと思われる。

是非、ご来園ください! ~明日もボンボヤージュ~
いちご いちご狩り | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ