FC2ブログ

いちご狩り まもなく!

2018.12.21(18:44)
今シーズンの開園日が決まった。

クリスマス前後に開園出来ると思っていたが、圃場を歩き回った感じでは、べにほっぺとあきひめの実が少ない。
1週間後にはある程度実るかな?といった感じ。

おいCベリーが十分実っているので、オープン初日の主役になる予定だ。

12月28日オープン ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
いちご いちご狩り | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

井戸掘り終了

2018.12.20(20:25)
井戸掘りを終えた。

結論から申し上げると、水は湧かなかった。残念無念である。

掘れど掘れど、粘土ばかりが出土し、ついに計画深度30メートル地点に到達した。
水が湧く傾向があれば、50メートルくらいまで掘り進める延長プランも考慮していたが、それもないので損切りという決断に至った。

今回の井戸掘りが無駄だとは全く思わない。
やってみなければわからない事を実行し、やってみて学んだ事は明日の糧になる。

気持ちを切り替えて、前に進みたい。
立ち止まって考える暇があれば、本当は幸せなのかも知れない。

徐鉄装置編へ 続く ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
井戸 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

有馬記念予想

2018.12.19(21:12)
以前、父とこう話しをしていた。

「有馬記念当てたら瓶ビール箱買いしないか?」

瓶ビールは、我が家では最高級の酒類に分類される。もちろん、年末にはたらふく飲みたい。

そこで、有馬記念に夢を託す事にした。

現段階での予想オッズ1番人気は、天皇賞・秋で1着になった"レイデオロ"だ。
天皇賞・秋では、完璧な位置取りと展開で、予想通り1着になってくれたが、今回はどうだろうか?

個人的には、「キセキ」と、「パフォーマプロミス」に注目している。

「キセキ」は、天皇賞・秋3着。JC2着。両レースとも不利な枠、東京コースの長い直線で逃げ粘った馬だ。これは普通に強い。
秋4戦目となる今回は、疲労の面で不安視される意見も多いが、ひと昔前の競馬では当たり前の使い方でもある。
今回は小回りの中山コースでもあり、内枠逃げ先行有利のコースメリットが加算されれば、十分勝機があると考えている。
馬番はなるべく早い番号が欲しい。

「パフォーマプロミス」は、同じコースで1着の実績と、前走1着、それなのに全く人気をしていない妙味がある。
キセキ同様、長距離は得意で心肺機能も高い。
それに、重賞になると勝率がグンと上がるステイゴールド産駒及び血統背景も良い。
競馬を知っている人程見落としがちな馬にも思えるので、逆張りならこの馬か。
4~10番辺りが欲しい。


もし、競馬初心者の方で、有馬記念買ってみようかな?と、お考え中の方は、是非「単勝」の馬券で買って欲しい。

それは何故か?

競馬は1着を競うレースだから ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポーツ | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

井戸の進行

2018.12.18(20:53)
井戸掘りが着々と進んでいる。

深度5メートル付近で砂利の層に当たり、多少難儀したが、無事に突破した。

地層は、表土→粘土→砂利→粘土→土→粘土と、水が湧く気配が全くない。


(青砂利。地下水の流れによって石が削られ、丸い石になる)


(粘土。水の有無は絶望的な素材)

井戸の職人の方も、長年の知識及び経験上、水が湧く傾向ではないそう。
まだまだ、青砂利→粘土→青砂利→粘土と、コンボが続く予感がするとの事。
対戦系ゲームでハメ技を食らっているかのような煩わしさ、擬かしさのようだ。

ファンダメンタル的には完全に弱気だ。
井戸掘りを決断した時は、「30メートルまで掘る!」と、断固決意していたが、徐鉄装置の導入プランを練り始めた。
石油や天然ガス、金脈、鉱物、メタンハイドレード等々期待できると鼻で笑っていた自分はどこに行ったのだろうか。。。

しかし、希望はある。
現在、震度は14メートル。まだまだ半分も掘っていない。
もう一度言っておこう。

「掘ってみなければわからない」

常に、やるかやらないか ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
井戸 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

もうちょい

2018.12.17(20:34)
べにほっぺの頂果が赤くなり始めた。
株の1割~2割程だ。



全ての株に赤い実が付くのは、年明け以降になる。

べにほっぺの実は少ないが、おいCベリー、あきひめの実の量は期待出来そうだ。
クリスマスから年末にかけて開園出来れば!と考えている。

年内に開園したい ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
いちご 生育編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

今年も承ります

2018.12.16(20:42)
今シーズンも、贈答用のいちごを販売する。

当園の発送用のいちごは、果実にキズが付きにくい発送専用のシートに、いちごを並べたもののみを取り扱っている。
完熟のいちごは、どうしても輸送中に果実にキズが付いてしまうからである。

1度、通常のいちごパックを友人に送ったところ、果実が傷だらけになった事がある。
完熟のべにほっぺだと、特に果実が柔らかいので、普通のパックでの発送は難しい。

贈答用のいちごは、ホームページにある、「いちごの宅配ページ」からの注文方法と、店頭の直売所でも販売を予定している。

厳選した特大の果実のみ販売 ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
いちご 直売所 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

井戸掘削工事開始

2018.12.15(21:11)
井戸掘りが始まった。



さて、何が湧いてくれるのだろうか。(目的は水)
明日には10メートル程掘削が進む。

前回掘削した時は、粘土層→青砂利層→断念
結果、4.5メートルで終了したのだが、今回は最大で30メートルまで地層を調べる。
途中で良い水質の水が確保できれば合格だ。

良い水が湧くパターンは、青砂利層(鉄分が酸化していないので金気水(鉄分が多い)になる)から赤砂利層(鉄分酸化後の砂利なので良い水が期待できる)や、砂の層が確認出来ると水が湧く可能性が濃厚になる。

水が湧かないパターンは、青砂利層→粘土層→青砂利層と、繰り返した場合は期待できない。

最悪、天然ガスやメタンハイドレードでも良しとしようと考えている。

井出よ!サンタさん! ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
井戸 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

駐車場拡大工事完了

2018.12.14(18:21)
約4日間程で、駐車場スペースの拡大工事が完了した。


(before)


(after)

本圃のハウスと同じ位の面積の駐車場になった。

これで、混雑する時期だとしても、
お客様がご希望のお時間にいちご狩りがお楽しみいただけるはず。

何時でもOK ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
いちご いちご狩り | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

恋みのり 完熟直前

2018.12.13(20:43)
4品種中、最も開花の遅かった「恋みのり」。
早い株では、間も無く完熟を迎える。



思った程果形の乱れはなく、期待できそうである。



電照が不要な品種だけあって、べにほっぺ同様、草勢の強さを維持している。
強い草勢なのに果形に乱れが現れない部分は、とても優秀だと感じている。

これは作り易いかも ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
いちご 品種 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

店内研修当番  ~冬編~

2018.12.12(20:59)
花巻市にある「母ちゃんハウスだぁすこ」にて、店内当番のお手伝いをした。



夏に続いて2度目なので、比較的良い動きが出来たと思う。

売り場の雰囲気で最も面白かったのが、「みかんの詰め放題」だ。



たまにスーパーなどで見かける。
個人的に、「詰めたモデル」のようなものがあれば購買意欲が増すのではないかと考えたので、何個か詰めて陳列してみた。
すると、どんな理由なのかわからないが、結構持って行って貰えた。

自身で詰める時間が勿体無いのか、
それとも、前任者が良く詰められていたからなのか。


(大人気のみかん詰め放題)

あっ!当園のいちご狩りでも、お持ち帰りの量り売りがご利用出来るので、お越しの際は是非体験してみて下さい!

買い物は楽しく ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
産直の話 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
前ページ | ホームへ | 次ページ
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ