fc2ブログ

パック販売について

2020.02.19(20:23)
ここ数週間程、べにほっぺの実が少ない。


なので、直売所のパック販売は恋みのりという品種のいちごを販売させていただいている。





開園初年度から、べにほっぺの完熟の実のみの販売にこだわっていたが、今年はご用意する事が難しい。

来週末には、またべにほっぺの大粒が揃ってくると思うので、それまでは代打となる今実っている品種を販売させていただく。


申し訳ありませんが、もう少々お待ち下さい ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
いちご 直売所 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

BICライター

2020.02.18(22:05)
このライターをご存知あるだろうか?





「BIC」とロゴが入っているライターだ。

凄く長持ちするライターだ。

誰かが使っているのを見たら、
決まって自分のライターとトレードしているライターだ。


では、


「なぜ、BICのライターが長持ちするのか?」


知識に無かったので、インターネットで検索してみた。


すると、BICのライターは、通常のライターの3倍程着火が可能なライターとの事。


普通のライターは、"ブタンガス"を使用しているのに対し、BICのライターは、"イソブタンガス"という気化しにくいガスが使われているそう。


着火回数も多く、"低温でも炎が安定する"。


使ってみても確かに頷ける。

冬季、タバコに着火する際に火が小さくならない為、2秒程早くニコチンタイムを堪能できるライターはBICを置いて右に出る者はいないだろう。


made in france製で、フランスの筆記用具メーカーが製作しているそうだ。

見た目は、コンパクトで軽い。そして"ダサく"、長持ちするようには見えない。

ところがどっこい、中身はどのライターにも負けない物だ。


もし、誰かがBICのライターを使っている場面に遭遇したら、"さりげなくライター交換"を提案しよう。高確率で交換が可能なはずだ。


ところで、何で"BIG"ではなくて"BIC"なんだろうか?


ん?あれ?禁煙は? ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

くもり

2020.02.17(20:48)
曇りの日が多い。


去年までの過去4年間は、

1月下旬を過ぎれば晴れの日が多くなり、

ハウス内の換気が増えてくる頃だが、

今年は逆の傾向にある。





暖冬で雪はあまり降らなかったが、曇天が多い。

外気温が高く、暖房機の稼働は少ないものの、

晴天日が少ない為にハウスの換気回数は過去4年で最も少ない。(12月並み)


ハウス栽培は温度よりも日光の方が重要なので

外気温が氷点下10℃だろうが、

快晴であれば光合成量が増える為、

いちごの実は多く実る。

ハウス外に積もる雪からの光の反射も利用する事も出来るので、一概に、暖冬だから豊作とは限らない。


雪と雲はいらないよ ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
天気の話 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

絶好調の2品種

2020.02.16(20:34)
2月19日(水曜日)の開園が決まった。


只今絶好調の2品種が中心になる。








19日~平日の開園では、上の写真の恋みのりと、
やよい姫が中心となる。

週末を終えても、まだまだ実は多い。


今後、シーズン中にいちご狩りが可能な品種数は変動するが、今の時期はこの2品種のコンビが真っ盛りなのである。


今が最盛期 ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
いちご いちご狩り | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

珍しい晴れの日の管理

2020.02.15(20:57)
ここ数日、珍しく晴れの日が続いている。




体感だが、晴れの日の1日は、曇りの日の3日分の光合成量に相当する。

それ程、赤い実の増えるスピードが早まる。


今の時期の晴れの日は、最高気温を27℃程に設定し、灌水量を増やして生育を促す様にしている。

外気温も高く(10℃前後)室内の気温の維持もしやすくなってきた。



ただ、27℃となると、結構汗ばむくらいになる。

開園する日は、25℃前後(午後のみ)にしているが、それでもなかなか暑い。

人間の過ごしやすさを考えると、いつでも20℃前後が快適なのだが、
夜中に寒い環境のいちごにとっては、日中の気温は高い方が良いのである。


もっと晴れて欲しい ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
いちご 生育編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

今週末のいちご

2020.02.14(20:18)
今週末のいちご狩りでは、完熟の"恋みのり"と"やよい姫"が中心となって、お客様をおもてなしさせていただく。



【恋みのり】



【やよい姫】


どちらの品種もハウス内の奥に実っているので、ご入園の際は、真っ先にハウスの奥側を狙っていただけると良い実を選べるかと思います。


是非お楽しみに! ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
いちご いちご狩り | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

トップ農家視察

2020.02.13(22:11)
いちごをたくさん収穫している先輩農家さんの圃場を見学させてもらってきた。





「すごい」

としか言いようのない結実の状態を目の当たりした。

まさか、たった数メートルで数百粒のいちごの実が写真に収まるとは。


もう1度言わせて下さい。


すごい。本当に。 ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
いちごの事 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

西日の変化

2020.02.12(20:19)
日が長くなってきた。





快晴の天気に恵まれた今日の午後4時36分に撮影したやよいひめの写真。

西日に照らされ、ちょっと輝かしい。


1ヶ月程前は、午後3時過ぎには暗くなり出していたので、日没前に1時間半も光合成が可能な時間が延びた事に嬉しく思う。

ようやく、厳しい環境が過ぎてくれると思うと、自分にも、いちごにとっても良い事に違いはない。




ミツバチにとっても日が延びるのはいい事かも。


今年は、もう雪は要らないよ ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
いちご 生育編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

2番果

2020.02.11(19:50)
2番果の頂果が色付き始めている。








この2番果の頂果は、年間で最も大きくなると言われている実である。


それがようやく実り始める時期になる。


これから数週間かけて、この大粒の実が多くなっていく。


現在、ご注文いただいているギフト用のいちごが、この2番果になる。

お待ちいただいているお客様の為にも、しっかりと登熟させたい。


2月の強い日射(12月と比べると)も味方に付いてくれる筈だ。


ようやく2番果 ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
いちご 生育編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

友人からの質問

2020.02.10(22:23)
いちご農家を志す友人からよく相談を受けている。


どうやったらいちごは作れるのか?

夏いちごってどうなの?

中古ハウスって10年使える?

いちごの土って重要なの?

などなど、漠然とした質問ばかりで困るのだが、思い起こせば自分も同じだった事に気付く。(不思議と)

今日、

「足を失った18歳が車椅子で世界1周した」

とネットの記事にあったが、恐らく世の中はやろうと思えば意外と達成可能な事に溢れているとおもう。

如何に行動が重要なのかを思い知らされるのだが、達成までの過程には紆余曲折が付き纏う。
でも志とはそういうものなのだろう。


ところで、その友人はむちゃくちゃ女性に人気があり、引く手数多らしい。


そっちの分野を是非教えてくれ ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
友人の話 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
前ページ | ホームへ | 次ページ
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ