FC2ブログ

桃薫とセイヨウミツバチ

2021.02.22(22:59)



当園でのいちごの交配では、クロマルハナバチというミツバチで交配を行なっている。


マルハナバチは、低温下や曇天下での交配には非常に向いており、通常のミツバチよりも植物ホルモン量が増加し、結果的に収量が増えるという特徴がある。


だが、新しく栽培を始めた"桃薫"に、マルハナバチでの交配が向かない事が判明した。


何やら、花粉の粘性であったり、受粉の際に異常が起こる事で奇形果が多くなってしまう模様。


桃薫を栽培しているいちご農家さんでマルハナバチを使っている事例も今現在見当たらない事から、マルハナバチからセイヨウミツバチへの変更をしようと考えている。


セイヨウミツバチには、少し苦い思い出がある。


栽培初年度に取り入れた際、とある事件があった。


1ヶ月間もの間、セイヨウミツバチが飛ばなかったのだ。


当然、受粉が上手く行えなかった為、"1ヶ月分の収穫量が消滅した"経験がある。


以来、5年間クロマルハナバチの一択で栽培を行なっている。(トラウマレベルなので)


しかし、桃薫を作っていく上では、ミツバチの変更が1つの重要な栽培技術になる。


3月以降から、再度セイヨウミツバチを導入し、様子を見ていきたい。


晴れる季節ならセイヨウミツバチでも飛ぶとは思うがどうだろうか。


避けて通れない怖い実験ですね ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



<<2番果の最盛期へ | ホームへ | ほぼ完治>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://strawberrygarden1583.blog.fc2.com/tb.php/1000-c987a4aa
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ