FC2ブログ

暖房機ボンボン

2021.02.24(21:07)
昨日の夕方の出来事。


本圃ハウスの戸締りへ向かったところ、暖房機が止まっていた。


例の昭和52年製の暖房機である。


原因は"不着火"という現象で、光を感知するセンサーがススで真っ黒になると自動的に停止するようになっている。


センサーに付いているススを拭き取る事で若干の整備延命は可能だが、冬の時期は早めに整備しておきたいので、翌日に早速整備を施した。



【整備前】



【整備後】


整備は今季2回目。


例年よりも寒い冬なので、暖房機はフル稼働している。


温度を与えれば作物が育つわけではないのだが、ほぼ一日中ボンボン燃やすようにしている。


その為、整備期間も早い。


今回、整備期間が短かったのは最近続く強風の日もあって、煙突からの逆風でより多くのススが付着した可能性が高い。


ところでこの機械、古過ぎるので部品交換は不可能。


何処かがイカれたらおしまいである。


栃木県の山火事のように、ハウス内の火事も恐ろしいところ。


なるべく早いうちに新品で安全な暖房機にチェンジしたい。


オンボロには愛着が湧くよね ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



<<出張産直所の落とし物 | ホームへ | 2番果の最盛期へ>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://strawberrygarden1583.blog.fc2.com/tb.php/1002-68918391
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ