FC2ブログ

お金が要らなくなる社会

2018.07.07(22:04)
  「近年、僕は「遊びが仕事になる」と主張している。
その詳細は、きちんと書きまとめた著書を読んでもらいたいのだが、要は「働かなくてもいい世界」が、現実のものになりつつあると言いたいのだ。
  2014年7月、ベンチャーキャピタルが開いた年次カンファレンスで、グーグル共同創業者のラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンが、公開インタビューに応じた。
  公開インタビューの場で、この話題となった時、ペイジ氏はユニークな持論を展開した。
「今はもう充分に『豊かな時代』なのだから、必死になって働く必要はないのでは?」と語ったのだ。そしてこう続けた。
「我々が幸せになるために必要な資源は、かなり少ない。今はある資源の1%以下じゃないかと思うくらいだ。多くの不必要な活動が、忙しさや環境破壊の元凶になっているんだ」
  ペイジ氏は「もう必死に働かなくていい」「働かなくても富はある」ことを、世界の人々のほとんどが認識できていないのに不満のようだった。
  何かやることがないと、何かを生産し続けていないと「不幸になる」と思い込んでいる。仕事をしていないと、満足できなくっているのが、現代人だ。さらには、働いていないと金は得られないという常識にとらわれている。
  グーグル創始者の2人の賢人は、その常識は単なる幻想だと気付いていた。さすがだと思う。仕事や機会を奪うのは、テクノロジーではなく、人々が勝手に作りだした幻想なのだ。
  彼らの論旨には、僕は大部分で同意する。
  テクノロジーは人間から何かを奪ったりはしない。金も仕事も、奪うのは人間の思考だ。
  お金はもうすでに大量に有り余っていて、人が働く必要は急速に消えつつある。テクノロジーは、その真実を明らかにしているのだ。
(これからを稼ごう  仮想通貨と未来のお金の話  堀江貴文 著   監修 大石哲之)
  確かに、数年前には想像が出来なかった程、遊びが仕事になりつつあると感じている。
ゲームが得意な人がそれを極めると、今では世界大会で多額の賞金を獲得する。
ゲーム好きに株のデイトレードをさせてみたら物凄くハマって何十億もの利益を出したりする。
海外の番組であるXGAMEも、BMX(自転車)や、モトクロスバイク、スノーボード、スノーモービルなど、遊びが原点だ。
ギャンブラーやユーチューバー、ダンサーなど挙げたらキリがないが、全て一般的には遊びの延長に近いかもしれない。
  AIに仕事を奪われてしまってヤバイ!とはもう聞かなくなってきたが、そもそも原点に帰れば、人間じゃなくても出来ることを機械化させてきた歴史だ。
産業革命からIT革命と、動力機械からコンピューター、そしてインターネットで世界中と繋がっている。
  数十年後には、現在の仕事のおよそ半分がAIとロボットに置き換わるとも言われている。
金融革命でキャッシュレス化も進んでいて(海外では)より、スピーディーな決済や、紙ベースだった記録がブロックチェーンに記録され、データの改ざん防止、犯罪の抑制に効果があるとされる。
公認会計士や税理士、事務作業、電話のオペレーターなど、機械に任せられるものは無くなっていく。
  堀江貴文氏、スティーブ・ジョブズ氏、イーロン・マスク氏は、不満を持って生きている人々に、
「今を生きろ」
「好きなことをやれ」
「とにかく遊べ」
と、語る。
案外シンプルなものだ。
未来って楽しみですね  ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



| トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<いちごの病気 | ホームへ | 親株の葉  除去>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ