FC2ブログ

遺伝子組み換えとゲノム編集

2018.07.29(22:15)
今後訪れると予測されている食糧危機がある。
2050年には、世界人口が90億人に達して、世界的に食糧不足になるという。
現段階では、90億人が満足するだけの量には至っていない。
その為、作物の収量を増やす研究が行われている。
現在のトウモロコシは、10000年かけて実が落ちない今の姿になったらしい。
それは、自然の交配によって作られたもののようだが、本質的には遺伝子組み換えやゲノム編集と一緒のようだ。
日本では、遺伝子組み換えと聞くと、「気持ち悪い」「安全ではない」との認識が多い。
今後、国際協定の「カルタヘナ議定書」という規制を決定する重要な会議が開かれるそうだが、米国、EU、日本、各国で意見が分かれているそう。
全ての規制に対応できる1つの育種にかかるコストは約40億円もかかる。農薬であれば400億円だ。
企業は手っ取り早く合併をし、研究開発コストを捻出している。
規制が複雑になればなるほど、食糧危機が深刻になっていく。
技術が多様化する中で、選択できる社会環境を整えなければ、新しいものを到底受け入れられない。
そこで、現在のイメージを変えていく広告が考えられてきているそうだ。
有機、無農薬、低農薬、遺伝子組み換えではないものも、間違った認識で広っているのではないのだろうか。
先を見ていこう ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



農業を考える | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<YouTubeの音楽配信 | ホームへ | 高校の先輩 >>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ