FC2ブログ

田植え機とのお別れ

2018.08.02(18:15)
15年以上使用した田植え機。
古くなったので、新しい田植え機を買う事にした。



この田植え機は、稲を植えるスピードが遅く、苗の数も多く植えてしまう。

当時の田植えのスピードは、かなり早かったはずだが、15年以上経った現在は進化している。
現代で例えるならば、古いガラケーのようなものだろう。

そして、最大の欠点は苗を植える際に根を切ってしまう為、収量が上がらないのが問題だ。

新しい田植え機は、疎植といって、苗の数を多く必要とせずに収量が変わらない技術が、実際に広まっている。

疎植であれば、育苗の手間も省ける上、
田植えの作業性も向上するので、生産性の向上に繋がる。
長年、米を植えてきたこの田植え機には、とても感謝している。

お疲れ様 ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



米作り | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<ミネラル | ホームへ | いちご苗 後半 続き >>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ