FC2ブログ

海賊シリーズ第1段 海賊とマーケティング

2018.08.27(21:25)
海賊といえば、どの様なイメージを思い浮かべるだろうか。

ドクロが描かれた黒い旗。
顔に傷のある眼帯をした髭の男。

極悪非道で残忍、、、
怖くて恐ろしいイメージだ。

実はそのイメージは、海賊が自ら作った戦略で、いわゆるマーケティングだった。

船を襲う際、海賊の恐ろしいイメージが染み付いていれば、戦う必要も無く、経費も掛からず、負傷者も出ずに積荷を奪える為効率的だった。

海賊旗は、ブランドのロゴマークと化し、掲げるだけで降参させる事が出来たという。

そんな海賊達は、どのようにして生まれたのか?

続く ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



仕事の話 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<海賊シリーズ第2段 海賊の誕生 | ホームへ | 変なドアノブ>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ