FC2ブログ

海も世界も広い事

2018.09.16(22:30)
青森県に住む高校の同級生が遊びに来てくれた。

新潟県で船に乗船する予定だったが、
現実逃避をしたいとの事で、
最後の「陸生活」を、噛みしめるために、
寄ってくれたのだ。
(通称 : 船乗り病)



船乗りの学校を卒業した同級生の中で、
内航船に勤務している友人は少なくなった。
勿論、新卒採用の枠から勤続し続けている友人は、もっと少ない。

最も、専門的な学校を卒業したからと言って、一生その仕事をする訳ではない。
その時、その瞬間によって、人の生きる道は何通りにもルートが存在するからだ。



それでも、何となく物事を達成したり、
結果的に安心と安全を確保出来て、
波風も立たずに平穏な日々が訪れた時、
人は思考が停止すると思う。

大抵、「これでいいや」と、満足してしまう。

しかし、そんな時に限って、過去を引きずってしまっている事に気付く。
本当に達成したい事が、いつまでも足枷になって
離れないように出来ている。
しこりが残っているのだ。

世間や、他人の目を気にし過ぎて、
自意識過剰になった時は1番恐ろしい。
時が経ち、間違った常識による思い込みだったと気付いた時は、かなりのショックを受ける。

やらなかった後悔と、
やった後悔を天秤にかける事が、心理学でよくある。

前者は、安パイを切り、最善の選択をし、自身の保全が正解と歓喜し、自己陶酔する。
自分が傷付かなくて良い楽な道だ。

後者は大体傷だらけだ。
しかし、それによって得られる経験は、
骨の髄まで理解した上から形成される柔軟な思考と視野を手に入れる。
こっちの方が面白い道だ。

ただ、どちらの道を選択しても、人間は後悔する様になっている生き物らしい。



それならば、尚更やった方が良いに決まっている。

後悔と航海の選択も、洗濯してみたら面白い事があるかも知れない。

バンドやってみようか! ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



友人の話 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<葉水 | ホームへ | 定植後の水かけ>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ