FC2ブログ

キャッシュレスについて考える ~通貨と信用~

2018.10.25(21:46)
海外ではキャッシュレス化が進んでいる。
なぜかというと、現金が信用されていないからだ。偽札が出回っていたり、盗難も多い。

一方、日本では偽札を見る事はない。
比較的、犯罪率も少ないので、お尻のポケットに財布を突っ込んでいても歌舞伎町辺りでしか盗まれない。(苦い思い出

根本的な話だが、通貨は、「信用」で成り立っていて、皆が信じれば通貨になる。
歴史的には、貝殻が通貨として流通していた時代がある。
似たようなケースだと、小学校の牛乳瓶の蓋が通貨になる事がある。
誰かが突然、興味本位で集めた牛乳瓶の蓋を、皆が価値として認めると、貨幣と見なすのだ。
30枚集めると給食のオカズなどと交換できたりする。
ただ、毎日"発行"されるので、ある一定の時間が経過すると、ハイパーインフレを引き起こして暴落する。
そしてただの牛乳瓶の蓋になる。(牛乳は美味しかったけど苦い思い出

要するに通貨は、皆に認められ、信用され、流動性が高まれば高まる程、通貨として認められるのだ。

デジタルツーカー ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<開花 | ホームへ | キャッシュレスについて考える>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ