FC2ブログ

ダニを食べるダニ

2018.11.25(20:56)
いちご栽培において、最も手強い敵が存在する。

「ダニ」だ。

ハダニとも呼ばれていて、いちごの葉の裏に寄生し、葉を食らって生きて行く生物だ。
体長は0.3ミリ程で、注意深く観察していても肉眼で確認出来るかどうかの大きさである。
クモの種類に分類され、素早い移動速度と、風に乗って移動する事も出来る俊敏性を兼ね備えている。

更に、世代交代が早く、約10日程で新しいダニ君が産まれる。気付いた時には葉が食べられて手遅れ、、、といったケースも多い。

全国的に農家がwantedしている敵だ。

だがしかし、ダニ君にも天敵が存在する。
それが、「ミヤコカブリダニ」と、「チリカブリダニ」だ。
ダニがダニを食べる習性を持った、言わば「天敵」と呼ばれる助っ人だ。


注文した天敵を、葉の上に撒いていく。



木のおがくずの中に含まれている天敵達が、数週間で本舗に定着する。

安全な生物農薬 ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



いちご 生育編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<ミツバチ追加 | ホームへ | スキマ風対策>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ