FC2ブログ

早朝加温と葉の気孔

2018.11.27(18:13)
いちごハウス内の温度管理の中で、暖房機を使う場面がある。

「早朝加温」である。

読んで字の如く、朝の時間帯に加温する。
早朝加温がない場合、日の出と共に太陽光のエネルギーで急激にハウス内の温度が上昇する。

急な温度変化は、作物にとってあまり良いことではない。人間だって、5℃以上の温度変化にストレスを感じる。それと同じ事だ。


急激な温度変化は、湿度も変化する。
湿度の急激な変動は、葉の裏の気孔(呼吸するところ)が閉じてしまう。
1度閉じた気孔は、2時間は開かないので、急加温、急換気はご法度なのだ。

要するに、光合成の効率が低下するので、果実の品質を下げる原因になるのだ。

ダメ、ゼッタイ ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト
ハウス内環境制御 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<恋みのり 果実の特徴 | ホームへ | ミツバチ追加>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

元船乗りを経て新規就農者し、観光農園をしています。
ひよっこ就農者の農業日記です。

毎日投稿します。

※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ