FC2ブログ

夜間の除湿について

2018.11.30(21:45)
夜間のハウス内は湿度が高い。

高湿度は、病原菌にとって"適した環境"だ。
ハウス内環境制御の視点では、本来の作物栽培の趣旨から大きくズレ、病原菌を培養するハウス内となっては本末転倒であろう。

そこで、夜間の除湿が必要になる。
除湿方法の中でも、寒い期間に最も有効な除湿方法がある。



それが、「内張カーテンちょい開け」である。

ハウス内と外気との気温差が5℃以上あれば、外張りのビニールの内側に結露が発生する。
冷たい飲み物が入ったグラスの外側が結露する原理である。

株を健康に保ちたい ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト
ハウス内環境制御 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<天敵 チリカブリダニ | ホームへ | 2番花のつぼみ>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

元船乗りを経て新規就農者し、観光農園をしています。
ひよっこ就農者の農業日記です。

毎日投稿します。

※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ