FC2ブログ

親株プランター土詰め

2019.03.06(21:52)
親株を植え付けるプランターに土を詰め始めた。
毎年、およそ150個のプランターに土を詰める。

土は、本圃にも使用している「ヤシガラ培地」を使っている。
ヤシガラ培地は圧縮した状態で輸送されてくるので、使用前に水でふやかしてから詰めていく。



(圧縮されたヤシガラ培地、スリランカ産。現地での原価は20分の1位?だろう)



輸送コストの観点から、圧縮されて固まっているので、シャベルで細かく崩していく。
甘い匂いさえすれば、チョコレート工場作業員のような感じだ)



水をたっぷりとかけ、土をふやかした後にプランターに詰めていく。

水を含んだヤシガラは結構重く、プランターを運び続けていると、流石に腰に効いてくる。
そのお陰か、夕食でのビールは一段とウマくなる。

これはナゾ ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



いちご 育苗編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<いちごがいっぱい | ホームへ | 天敵 第3弾 >>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ