FC2ブログ

ランナーの出現

2019.03.12(21:54)
いちごの株からランナーが伸びてきた。



ランナーとは、いちごにとって、子孫を残す手段の一つ。
苗作りでは、このランナーから伸びた先をポットに植え付けている。

日も長くなり、日中の気温も上がってきた証拠だ。

いちごという作物は、果実で子孫を残す方法と、
ランナーで子孫を残すかの方法があり、その選択が。気候によって変化する。

いちごにとってストレスが少なければ、無理に果実を実らせる必要がないので、ランナーを発生させて繁殖する。(気候的に効率が良い)
ストレスを抱えれば、種の多い果実を優先して発生させる。(できるだけ多くの子孫を残せる)

まだまだ今の季節に、ランナーばかりが出ては困るので、ちょっとストレスを与えていかないといけない。

実を成らす方向に ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



いちご 生育編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<駐車場の線引き | ホームへ | 自家製のピザ>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ