FC2ブログ

西陽と光合成

2019.03.18(21:45)
日に日に、陽が沈む時間が遅くなってきている。

それもそのはず、明後日は春分の日だ。



陽が沈むまでの時間が長いので、いちごの株にも陽の光が当たっている時間も長い。
日没ギリギリまで陽を当ててからハウスの側面の保温カーテンを閉める様にしている。
(手動なので日没直前の太陽と睨めっこになる)

作物の光合成は、午前中に60%、午後は40%の配分で光合成利用率が決まっている。
日没直前の光は、どちらかといえば光合成の効率としては悪いが、決して無駄にはならないと考えている。

光は大事 ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



ハウス内環境制御 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<朝採りの直売いちご | ホームへ | 冷凍いちごの販売>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

元船乗りを経て新規就農者し、観光農園をしています。
ひよっこ就農者の農業日記です。

毎日投稿します。

※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ