FC2ブログ

いちごと収穫時期のコントロール

2019.05.06(21:58)
農業には、収穫時期のピークが存在する。
種を蒔いたり、苗を植えた後は、収穫までの日数が積算温度などでおおよそ決まっている。

いちごの場合、一作の収穫時期が約半年間と、作物の中でも収穫期間が長い作物。

しかし、瞬間的に多くのいちごが実ると、一定期間いちごが無くなったりする。
いちご農家の業界内では「成り疲れ」と呼ばれている。
一気に実った分だけ、株の体力を蓄える充電期間が必要になると言われている。

人間に例えると、寝不足、筋肉痛、二日酔いと、目先の事を優先すると、後で反動が来る。
いつの時代でも同じ事を人間が繰り返している、、、どうして歴史は同じ事が繰り返し起きてしまうのだろうか?

恐らく、一撃系の手段を選択するのには魅力があるからだろう。
それは、農業でも同じなはずなので、一撃を狙った生産方法には、もの凄い興味がある。
もし、収穫期間の分散を望む場合でも、こちらを知る事が近道になるのかもしれない。

有りそうだけど無さそう ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



いちごの事 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<防虫ネットか、換気扇か。 | ホームへ | トラクターの救出>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ