FC2ブログ

防虫ネットか、換気扇か。

2019.05.07(22:31)
現在、本圃のハウスの換気部に取り付けられている防虫ネットの交換を考えている。


現在使用している防虫ネットはとても細かく、0.1ミリ目合いの物を使っている。いちご栽培のほぼ全ての害虫を防いでくれる。

荒い目合いの防虫ネットに替えるとしても、マルハナバチが逃げない様に4ミリの目合いのネットでなければならない。

防虫ネットを替える目的は、9月の定植後にハウス内の温度を出来るだけ下げる為。
ハウス内の温度が下がればいいので、防虫ネットの張り替えの他に、換気扇を取り付ける事を考えた。


検討するに当たって、本圃を施工した業者の方に相談した。

「現在の防虫ネットを張った状態で、ハウス内の温度を下げるには4台くらい換気扇が必要になると思います。電気工事と制御盤も必要になるので、結構な額になると思います。
防虫ネットを荒い目合いの物に替えた方が、安くて手っ取り早いですよ」

との答えが返ってきた。


換気扇のメリットは、雨の日でも、風の弱い日でも、風の強い日でも換気が出来る事と、風の強い日には、作物体に風が当たらないので、傷が付かない事が考えられる。
デミリットは、停電したら動かない。初期投資とランニングコストが必要になる事だ。

換気扇を取り付けた方が、どちらかというと施設にとってプラスの要素になる。
環境制御的にも、温度管理に様々な選択肢が増える。
単純に防虫ネットを張り替えた方が、目的達成には最短距離の様に思えるが、最初に張り付けたハイグレードの防虫ネットを捨ててしまう事は、少し勿体無い気がしてならない。

見積もりが出たらまた考えよう ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



ハウス内環境制御 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<親株の肥料濃度障害 | ホームへ | いちごと収穫時期のコントロール>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ