FC2ブログ

井戸ポンプげっと

2019.07.11(21:07)


来シーズンより、水道水から圧倒的にコストが安い井戸水の使用に切り替える。

徐鉄装置はまだ届いていないが、徐鉄可能を前提として、井戸のポンプを見切り購入した。(ヤフオクの中古品)
上手くいけば、1ヶ月後には水道料金の格安化が実現する。


購入した井戸ポンプ。
国内家庭用ポンプのトップブランドである、株式会社川本製作所の清水ポンプだ。
買ってから気付いたのだが、"井戸用のポンプ"ではなかった。
最悪、水を吸い上げる事が出来ない可能性がある。

型式を調べてみると、「給水補助加圧装置」とやらが付いている特殊なポンプだった。
そもそも吸入口に水圧がかかっていないと水を吸えないポンプらしい。

5年前、井戸屋さんに、

「ポンプを買う時は"井戸用を買う様に"」

と、6回程の忠告を受けた事を思い出したが、時既に遅しだ。


通常、井戸は地下数メートルに水位が存在するので、「浅井戸用のポンプ」や「深井戸用のポンプ」等の自吸が可能なポンプが望ましい。
(吸い上げ高さの数値があるもの)

しかしだ。
ヤフオクで検索した時に"井戸用"との表記もあったし、"水の汲み上げテスト画像"は1メートル程の高低差から水を汲み上げていた。

当園の"自噴井戸"(水が勝手に沸く井戸)なら水位はゼロ。恐らく水を吸い上げてくれる筈だ。

あれだ、設置すりゃ分かる ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



除鉄装置 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<徐鉄装置再購入 | ホームへ | 産直冷凍庫、故障 >>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ