FC2ブログ

栽培システムと根の環境

2019.07.14(23:09)
当園のいちごは、高設栽培という栽培システムで育っている。

高設栽培とは、地面から切り離した場所で作物を育てる栽培方法で、国内だけで何十種類もの栽培システムが存在し、栽培層の形状、土、水、肥料の組み合わせだけでも、何通りも存在している。
高設栽培の中には、土を使わない栽培方法、「水耕栽培」もある。

この多くの栽培システム。
栽培には、

「作物の根が水を吸えばOK」

と言うことになる。

ただ、栽培システムだけで、高品質の作物が育つ訳ではない。

「土が良いから美味しい。沢山採れる。」
「水が良いから美味しい。沢山採れる。」
「肥料が良いから美味しい。沢山採れる。」

と、そんな単純に結論付けられる訳ではないのだ。
半分正しいかもしれないが、半分は間違っているとも言える。

栽培システムと作物の品質の因果関係はない ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



いちごの事 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<そうだ、挿し苗をしよう | ホームへ | 株の刈り取り終了>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ