FC2ブログ

プチ耕運機 みのるくん

2019.07.21(23:14)
本圃の培土の耕運をしている。
いちごの高設栽培専用の耕運機を使って。



この耕運機、多少の改造を施して使用している。
当園の栽培層、ヤシガラ培土、葉寄せシステム2.0に適合させる為には、ノーマル仕様では使い物にはならなかったからだ。

当園専用にアレンジしてやっと使えているので、オーバーな表現をすると、

"世界にただ1つの耕運機"

だと思っている。



改造した耕運機について、まず最初に耕運機の可動部について説明しよう。
培土を耕運する要の部分は、「スクリュー爪」と呼ばれ、耕運した後の培土の落下を防ぐ目的で採用されたギミックらしい。

通常、耕運機を前進させるだけで培土の耕運が行えるスクリュー爪なのだが、当園のヤシガラ培土の耕運には通常の耕運方法が適応しなかった。
ヤシガラ培土の固まる性質と、スクリュー爪の相性が悪いのか、耕運機が全く前進しなかった。


そこで、当園では耕運機のスクリュー爪を培土に刺して耕している。



耕運の方法を解りづらい図に示すと、このような耕運方法になる。
耕運者は、柔道の組み手をしているかのような姿勢と動きに非常に酷似した状態で、汗だくになって作業する。
それでも、手で耕運するよりはよっぽどマシだ。


ちなみに、耕運方法を模索している時に判明したのだが、耕運機を後進した方が使い勝手が良かった事をヒントに、車輪は前後入れ替えてある。(押してもダメなら引いたら上手くいくものだ)


それに加え、当園の葉寄せシステム2.0に適合させる為に、耕運機自体の幅も同時にアップデートした。


(切るだけなんですけどね。)

完璧とは言えないが、培土の耕運は行える仕様への改造は成功したと言えるだろう。

培土の耕運仕上がりも、100点満点中、64点は与えられる程、培土はふかふかになる。



ヤシガラ培土を使用している発砲スチロール製の高設栽培システムを採用しているいちご農家の方でも、
耕運機メーカーの方でも、
栽培システムメーカーの方でも、
培土の耕運方法には、栽培層の破損リスクを考慮して手で耕運する方法を選択している事が多く、耕運機で耕運している事例はない。


もし、YouTubeに動画をUPするならタイトルは決まっている。
【朗報】高設栽培のヤシガラ培土を安全に機械で効率的に耕運する方法が存在!!??

100回再生はイケるかも ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



いちご 準備編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<挿し苗7日目 | ホームへ | 挿し苗2日目 >>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ