FC2ブログ

徐鉄装置の取り付け

2019.08.04(21:20)
海外から輸入した徐鉄装置を取り付けた。



井戸から砂こし器を通り、ポンプの吸入口へ。



徐鉄装置内の"イオン交換樹脂の寿命を保つ為"に、メッシュ120のフィルターを通った後、徐鉄装置に井戸水が送られる。



硬度が除去された井戸水。



水質の簡易検査では、問題の鉄分は完全に除去され、金気の匂いも消えた。味は無味だった。
PHは水道水同様、少し高めだが十分に使用できる数値だ。




ただ、この徐鉄器、硬度を下げる為に"塩"を使用する。
万が一、いちごに塩分が送られた場合、生育が悪くなってしまう。
精製された井戸水の塩分濃度の検査は必要不可欠になる。

いちご栽培には、塩分の多い水は不向きと言われる。(私調べで50ppm以下が好ましい)
元々使用している水道水が70ppm~150ppmなので、それに近い数字が欲しい。

第1関門はクリアかな ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



除鉄装置 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<簡易水質検査 | ホームへ | 恋みのりの苗数確保>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ