FC2ブログ

航海中の病気

2019.11.02(21:19)
20歳~24歳まで乗っていた貨物船での話だ。

その船は、大阪近辺で荷物を積み、東京近辺への陸揚げを繰り返す船だった。
海路を使って荷物を運び、船が得た運賃の一部を船員が得る仕事になる。

とある日の事。

大阪府西淀川区の港で、船に荷物を積み込んだ。
出航は明朝6時。
船員の友人と尼崎の繁華街へ飲みに繰り出し、焼き鳥屋で一杯飲んだ。
生中一杯で出来上がってしまう程の下戸である友人だったので、

「もう飲めんわ。。。コンビニで買い物して帰らへん?」

となり、買い物を済ませ、船に戻った。
そして翌日、東京へ向けて出航した。

目的地は千葉県の市川市の港。
船の速力で一昼夜だ。(36時間)
出航した日の夜、突然腹痛が襲った。
最初は、ただの下痢か何かと思い、船内の食堂にある救急箱の中の正露丸を飲んだ。
が、症状は改善されなかった。

刻々と強くなる腹痛。。
その時初めて、「変なものを食った」と自覚した。

腹痛を克服、解決、回避する術はない。
"祈る"
しかないと思う。

私は、

「神様、、もう悪い事は一生しません、、許して下さい、、どうか!どうかぁあ、、」

と、都合の良い懺悔をしていた。
発作的に起こる腹痛の度に同じフレーズを神に祈った。。。

翌日、千葉県市川市の港に辿り着いた。
船長から病院へ行く事を許可されていたので、船が岸壁に着岸すると共に、直ぐに市川市内の内科へ直行した。

病院の検査の結果、
"カンピロバクター"という細菌が体内から検出された。

カンピロバクターは、鳥の生肉に含まれる事がある細菌で、良く加熱せずに摂取してしまうと、、、前述した通り苦しい思いをする。

原因は、焼き鳥屋で食べた"生鶏肉のユッケ"だったと思う。

体験した症状としては、
「食べた物がすぐ下る」
内臓自体が異常事態になるのだろう。
食べては腹痛。飲んでは腹痛と、記憶によると、
1週間近くまともな食事が摂れなかった。

お医者さんに言われたのは、
「ヨーグルトやバナナ、ゼリー等で脱水症状の回避と、体力の衰退を回避しつつ症状の回復を待とう」
との事だった。
市川市のコンビニでヨーグルトとゼリーをしこたま買い込み、帰りの航海を耐え抜いた。
全ての期間で、1週間近く腹痛が続いたのを覚えている。

これ以降、鳥の生肉は食べた事はない。



ちなみに船員の友人は航海中に、
"インフルエンザ"、"ノロウイルス"、"淋病"を経験した。
実績としては、トリプル役満になる。

体育会系+縦の業界だけに、先輩船員からは冷たい風が吹き、
"貧弱"、"華奢"、"病弱"等とバカにされていた。

だが、辛い思いを乗り越えただけあって、私がカンピロバクターで苦しんでいる時、
物凄く優しく介抱してくれた。

元気でやってるかなぁ ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



船の話 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<ベリーウィングネット固定ピン 【枝折れ防止システムver.2.3】 | ホームへ | 開花状況>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ