FC2ブログ

育苗ハウスの切り替え

2018.05.15(21:35)
 水稲の田植えが終わり、育苗ハウスの後片付けをしている。

水稲の育苗が終わり、片付けた後のハウス内

 水稲の育苗が終わった後、いちごの育苗ハウスとして活用する為、プール育苗で使用したシートを片付け、毎年苗棚を設置する。

 いちごの育苗の重要性から考えると、密植で、狭く、暑苦しいハウス内で苗を栽培する事は、いちご栽培の基本に反しており、誠愚かの極みである。
何故ならいちご栽培は、約9ヶ月間栽培する為、栽培期間が長い。
たった1株が、病害虫によって後々深刻な問題を引き起こす可能性は、十分に考えられる。
長い目で栽培することは、いちご栽培では、とても重要だと思っている。

出来るだけ広いスペースで、のびのびと健康に育って欲しい。

過保護かなぁ ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



いちご 育苗編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<我が家の働き方改革 | ホームへ | 近所の中華料理屋さん>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ