FC2ブログ

広い空間で

2018.05.22(21:26)
 水稲の田植えが終わったので、水稲の苗を育てていたハウスにいちごの苗棚を設置した。
これから9月まで、いちごの育苗ハウスとして利用する。

米の育苗ハウスに、いちごの苗棚を設置した様子

 このハウスを含め、3つの育苗ハウスで苗を育てる事になるが、当園の栽培面積にしては、通常の倍近い面積の育苗スペースだ。
しかし、大事な苗生産においては、広いスペースの方がいいと考えている。
苗にとっては、苗と苗の空間が広く、日当たりと風通しが良くなり、水もかかりやすくなる。
生産者にとっては、広い通路で作業がし易くなり、ポットの持ち運びもラクになるはずである。
大事なTシャツが、棚に引っかかって破れる事も少なくなるだろう。

苗質の向上と、生産性の向上に、期待している。

合理的に ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



いちご 育苗編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<今シーズン最終日決定 | ホームへ | 薪ストーヴの温もり>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

元船乗りを経て新規就農者し、観光農園をしています。
ひよっこ就農者の農業日記です。

毎日投稿します。

※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ