FC2ブログ

どうしてヘタ入れ容器を変えたの?

2020.01.19(21:22)
今シーズンの開園日から、

「いちごのヘタ入れ」の容器を変えていた。


昨シーズンまでは、お客様にお貸ししていた、
いちごのヘタ入れは、プラスチック製のコップに穴を開け、紐を通し、首からぶら下げられる物を採用していた。

6年前の採用当時は、「練乳」、「チョコレートシロップ」のサービスは頭になかったので、

練乳とチョコレートシロップ容器は、別の容器をご用意していた。



農園の歴史の流れで変化もあり、
「ヘタ入れ」「練乳入れ」を一体化させた容器があったので、今シーズンからそちらに変更させていただいた。


変更した理由としては、

「ヘタ入れ容器洗浄のコスト高騰」

です。

毎日のように、ヘタ入れを洗浄していたのは、
私の母親で、乾燥&運搬&準備をしていてくれていたのは父親である。

ヘタ入れを洗浄する際、たまにヘタ入れに練乳が入っていることもあり、洗浄に手間もかかっていた。(と思う)



家族には自由な時間を(そもそも無給料なのでせめて)

お客様には浮いたコストの還元を(お手洗いの温水化等)

の為に、ヘタ入れ容器を変更した。


もっと言うと、

経費にならない自宅の市水道を使った洗浄、

自宅の電気で沸かした温水で洗浄する事、

家族以外に容器を洗う人を雇った時のコスト、

練乳&チョコレートシロップ用容器のコスト、

数値化せずとも明らかだと思うが、「儲からない」「資源の大いなる無駄」「今後の設備投資不可」に繋がると考えています。



ちなみに明後日、30歳(念願の?)を迎える私に、

「嫁さん」が出来れば、以前のヘタ入れに戻る可能性はなきにしもあらずですが、

考えれば考える程、1番当てにならない可能性が高いです。
(最近、会う人全ての口癖かと感じる)



ご理解の程、よろしくお願いいたします ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



いちご いちご狩り | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<日めくりカレンダー | ホームへ | Instagramはじめました>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ