FC2ブログ

ミツバチのエサ場作り

2020.02.26(21:29)
ミツバチのエサ場を作った。





ミツバチは、花粉を集めるエネルギーとして蜜を必要とする。

蜜がなくなると、花粉を集める前に蜜探しに奔走
してしまうそうだ。

花粉を集めても、途中で餓死し、巣に戻る事がないミツバチもいるそう。

そんなかわいそうなミツバチ達に、休憩所が要るという事だ。

効果はミツバチが長生きし、巣箱の寿命が長くなる。
栽培が上手な農家は必ず行なっているというので、真似してみようと思う。


【北上いちご園流マルハナバチエサ場の作り方】



「エサ場の箱」

マルハナバチの目に止まりやすい「青色」の浅型のケースを用意。(seriaで入手)




「スポンジ」
 
ミツバチの足場。キッチンペーパーでも良いらしい。いちごの収穫コンテナに使用しているやわらかいスポンジを採用。

このスポンジに染み込んだ蜜を吸うはずだ。




「吊るす為の紐&フック」
ハウス内に吊るす為に取り付ける。
(ハウスの保温カーテン部材を改良して使用)


ハウス内に何箇所かぶらさげてみる。



【参考書】
マルハナバチを使いこなす(光畑雅宏著 農文協)という本をヒントに作った。


あとは蜜作り ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



いちご 生育編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<ミツバチのエサ作り | ホームへ | 快晴と変化>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ