FC2ブログ

葉の手入れの話

2020.03.24(21:31)
春分の日も過ぎ、日が長くなってきた。


いちごの株達も、日の長さに比例して背丈が長くなってきた。



伸びた葉をそのままにしていると、


葉がいちごの実を覆ってしまうことがある。


果実が見え辛くなるのはもちろん、


いちごの実に光が当たらなくなり、


赤く着色しなくなる。



ちなみにいちごの赤い着色は、


アントシアニンによって赤くなる。


ナスと同じで陽が当たらないと着色しない。


トマトは、温度によって着色するが、


いちごの実には光が必要なのである。



そこで、当園が独自に開発した葉寄せシステム(ver.3.0)が活躍する。

そんな時期が訪れた。


葉寄せシステムは、至って単純な仕組み。


葉の高さに張ったロープにいちごの葉を支えてもらうためのシステムだ。



【葉寄せなし】



【葉寄せあり】


いちごの葉を強制的に立てることで、


実も見易く、果実に陽が当たり易くなる。


今はまだ手に負える生育スピードではあるが、


6月頃になると、とてもではないが葉寄せは追いつかなくなってくる。



手入れはマメに越したことはない ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



いちご 生育編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<親苗への水やり頻度 | ホームへ | 土と品種と栽培方法>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ