FC2ブログ

親株代わり

2020.05.18(20:50)
来シーズンに向けての育苗。


親株達は順調に育っている。





親株を植え付けている一部のプランターには、未だに空いているスペースがあるプランターもある。


親苗の購入の際、注文の最低ロットが40株の為、どうしても親苗を植え付けていないスペースが出てくる。


過剰量の親苗を購入し過ぎても余るだけなので。


当園では今の時期、植え付けていなかったスペースの隣の親株から伸びたランナー子苗を植え付けている。





空いているスペースに、ランナーピンを使って子苗を培土に固定し、約10日程すれば親株の代わりになる。


私的には、子苗の植え付けは同時に2株くらいはいけるだろうと勝手に判断しているので、


子苗と子苗の距離を数センチ離して2株固定している。


夏場のみの栽培期間と、太陽高度を考えると密植のリスクは低いからだ。


子苗の苗齢が若い為、2ヶ月前に植え付けた親株程の生産力はないが、


培土内に下ろした根から養水分を吸い上げられるので、それなりの量の子苗を作ってくれるようになる。


強力な代打になり得る子苗 ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



いちご 育苗編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<トップ農家さん視察 | ホームへ | いちごの生理障害?>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ