FC2ブログ

早朝の水遣り

2020.06.01(21:24)
日の出時間が早い。


朝4時半になると育苗ハウス内もこの明るさ。





新聞配達をしている軽バンのエンジン音を聞きながら親株のプランターへ水遣りをしている。


普段なら、目覚まし時計よりも早く物音を立ててくれる新聞配達の人だが、今の時期は同じ時間帯に仕事する仲間に思える。


何故か親近感が湧いている。


親株への水遣りだが、いちごの株は日の出と共に葉の蒸散が始まると言われているので、


水遣りのタイミングは日の出後1時間が最適と言われている。


なので、日の出直後から水遣りをする事が望ましいと考えている。


今シーズンの苗作りは、親株への水遣りを自動灌水から手動灌水の管理へ切り替えたので、親株の健康状態を観察する機会も増えた。


ある意味、"苗作りの3密"は必要かもしれない。


密接、密集、密閉。(管理者と密になる)



本来、植物を相手にする管理は植物の生理に沿った管理が好ましい。


農業は、人間都合の管理で作物が都合良く応えてくれる世界ではない。


今シーズンの苗作りでも良く感じている。


「相手の立場に寄り添った事を~~」


と良く聞く耳障りの良いフレーズがあるが、


聞いて感動して終わるものではなく、


実行し、尚且つ継続し続けなければ人間という生き物は明日にでも忘れているもの。


だからこそシステム化が必要になる。


習慣作りが苗作りなのかも ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



いちご 育苗編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<【新品】冷凍ストッカーげっと | ホームへ | 今シーズンの販売終了へ>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ