FC2ブログ

苗の様子【おいCベリー】

2020.06.18(21:05)
今シーズンの苗作りから、親株の培土をヤシガラから山土へと変更した。


ヤシガラを使って育てていた時は、おいCベリーのランナー発生数が最も多かったのだが、今作は減少傾向にある。








原因は全く不明なのだが、私の少ない栽培経験と偏見?を考慮した考えでは、
土質と灌水頻度の変化によって、品種間に生育のスピードに差があるということ。


おいCベリーにとっては、山土よりもヤシガラ培地の方が好むのではないか?と考えている。


来作、おいCベリーの作付株数を増やす事も考えている。


7月初旬に挿し苗を行う予定なので、それまでに出来るだけ多くの子苗の発生をしてもらいたい。


ちなみに、現在親株から発生している子苗の最も先端の若い子苗よりも後に出てくる子苗達が、来シーズンの定植苗になる予定だ。



【最も先端の若い子苗がコレ】


面白くなってきた ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



いちご 育苗編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<アポなし突撃 | ホームへ | 赤い日没>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ