FC2ブログ

生命力

2020.07.20(20:59)
何週間ぶりに一日中晴れた。

ポットに固定したばかりの子苗達にとってはとてもとても辛い日となった。





高い気温。

強い日光。

乾燥した風。

親株から切り離されたばかりの子苗達の体力を奪い取っていく。

根がポットの土から水分を吸い上げるまでは、
1日に何度も水遣りをしてあげないといけない。

今日は1日に5回水遣りをしたのだが、それでもずーっと萎れたままだった。


人間に例えるならば、水筒も持たずに"サハラ砂漠"のど真ん中にパラシュート降下させられたような状況に近いと思う。

1日5回の雨(散水)のみで延命しながら、スコップ片手に地下水を探しているような感じだ。


私の勝手な見解なのだが、

こういった過酷な状況を経験した子苗達程、
将来的に活躍し易い。(多くの実を成す)

根拠はないが、1度死にかける体験というのは、
人間のみならず植物にも強靭な肉体や精神力を宿すものだと信じている。


頑張れ、踏ん張れ、生き残れ ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



いちご 育苗編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<挿し苗7日目 | ホームへ | 挿し苗5日目 >>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ