FC2ブログ

残りの親株プランター

2020.07.23(20:55)
挿し苗を終えた育苗ハウスから親株のプランターを運び出している。

およそ150個あるプランターのほとんどは役目を終えたが、

残った一部のプランターからは来年の親苗を採苗するので、3つある育苗ハウスの1つに集めて配置した。

来月まで育て続けていると、新たな子苗が出てくる。

その子苗が来年の親株となるのだ。





昨年まで、親苗は全て購入していた。

親苗は、春先になってから植え付けていたのだが、今年からは秋に植え付ける。

そうする事によって、苗代が浮く事や子苗の発生本数も増える上、忙しい春先の作業が無くなる等々のメリットを得られる。(同時にデメリットも


なぜやるか?


いちご作りの上手い人がそうしているから。


もうそろそろ栽培の仕組みを変えたくない ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



いちご 育苗編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<収穫終了 | ホームへ | 親株プランター撤去>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ