FC2ブログ

エフクリーン張り替え

2020.10.18(21:00)
本圃ハウスの天井フィルムを張り替えている。


今まで使用していたのは、POフィルムといって一般的に使用されているもので、5年耐久の品だったが、丁度5年経った所である。

当初は、8年くらいおきにフィルムを張り替える予定だった。

しかし、POフィルムは年々透明度が下がるので、いちごの収穫量が比例して下がることになっている。

光1%ルールという、オランダの施設栽培から生まれた理論に基づいて考えるとPOフィルムだと、

1年目 90%
2年目 85%
3年目 80%
4年目 75%
5年目 70%

といったように、ハウス内に入る日光が減少する為、年々収穫量は減少する。
当然、品質にも影響してくる。


当園の様な大型鉄骨ハウスには、長期展張が可能なフィルムが向いているので、思い切ってフッ素フィルムに張り替える。



【AGCグリーンテック製(旭硝子子会社)エフクリーン自然光】


このフィルムは、"割れないガラス"との異名を持っていて、割れないし透明度も長持ちする特殊なフィルム。

何やら、蛍石という鉱物が原料。

面白いのは火をつけても燃えない事。

30年くらいは張り替え不要。

光透過率が94%と露地と同等の光環境になる。








実は、このフィルム交換。
10月に入ってから既に進んでいました。笑

フッ素フィルムって高価なので、盗難の事を考えて今の時期にこのブログを書いている次第です。

さて、フィルムが真っ透明な今シーズン。
これからの30年で最も収穫量が多く、品質も良いいちごが作れる環境になりました。


大いに期待して下さい!


大枚叩きました ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



ハウスメンテナンス | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<来シーズンの苗作り | ホームへ | 先輩農家塾>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ