FC2ブログ

おいCベリーの生育

2020.12.11(22:12)
本圃ハウス内で最も生育の早い品種、おいCベリーの実の状態をチェックした。











思った通りにいちごの実は大きくなってはくれない。

12月は年間で最も日射量が少ない。毎日のように曇り空が続いている。

生育が遅いのは当然である。

ただ、もどかしく感じるのは実り始めの時だけで、実ってからは半年間近く実り続けるのがいちご栽培。

ない時には欲しくて、過剰な時には要らないと感じてしまうものだ。

いちごは素直、でも人間は? ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
スポンサーサイト



<<ミツバチの幼虫 | ホームへ | いちごハウスで半年間生活できるか? >>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://strawberrygarden1583.blog.fc2.com/tb.php/946-0809e272
| ホームへ |
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ