FC2ブログ

海賊シリーズ第1段 海賊とマーケティング

2018.08.27(21:25)
海賊といえば、どの様なイメージを思い浮かべるだろうか。

ドクロが描かれた黒い旗。
顔に傷のある眼帯をした髭の男。

極悪非道で残忍、、、
怖くて恐ろしいイメージだ。

実はそのイメージは、海賊が自ら作った戦略で、いわゆるマーケティングだった。

船を襲う際、海賊の恐ろしいイメージが染み付いていれば、戦う必要も無く、経費も掛からず、負傷者も出ずに積荷を奪える為効率的だった。

海賊旗は、ブランドのロゴマークと化し、掲げるだけで降参させる事が出来たという。

そんな海賊達は、どのようにして生まれたのか?

続く ~明日もボンボヤージュ~
仕事の話 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

マックス

2018.08.23(21:54)
よく晴れた今日の最高気温は35℃にもなった。

今年は3回目くらいになる。

流石にハウス内での作業は、命の危険に関わるので中止だ。

温度計の値を振り切っていた船の機関室と比べたらマシなのだが、28℃を越えた時点で人間は熱中症の危険を抱えてしまう。

作業は、如何に早朝の時間を活用できるかに限ってくる。

個人での仕事は、より自己管理能力が求められるだろう。

いつでもサボれるから ~明日もボンボヤージュ~な
仕事の話 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

長蛇の列

2018.08.12(22:00)
地元の産直「あぜみち」に、開店時間と同時に野菜を出荷した。

開店と同時に、お目当ての商品を買い求めてお客様が殺到していた。

レジは完全にパンクしていた。



目的のほとんどは「お花」だった。

商品を陳列していた際のお客様の声だ。

「野菜だけが欲しくて来たのにレジが混みすぎて大変」

との声が多かった。

個人的な改善案を思いついた。

毎年混雑する時期がわかっているのであれば、生産者の「軽トラ市」を実施したら面白いのではないのかと感じた。

いわゆるC to Cだ。

目的は、混雑の解消。お客様の利便性を高める事である。

生産者の参加は自主参加とする。

それにはメリットしかない。

消費者は、生産者の顔を見て購入できる。
その時のちょっとした会話で、生産者と消費者との繋がりを深める事ができる。

消費者は、安心と時短を得ることができる。

産直施設の裏には広大な駐車場もあり、売り場も、駐車場にも全く困らない。
現に、産直施設の駐車場は混雑していた。
今のままでは宝の持ち腐れのように思えてならない。

忙しい生産者も居るだろう。
まずは、開店時間から2時間限定で行うところから始めてみたらどうだろうか。

グループ分けし、出店委託も可能と考えられる。

何よりも、お客様が求めている事に答える事。

商売の基本であるCS。
カスタマーサティスファクション、
カスタマーサービス、
同じCSなのだ。

父の口から何回聞いたかな ~明日もボンボヤージュ~
仕事の話 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

GPEC 2018

2018.06.26(21:14)
  GPECの招待券が届いた。

  GPECとは、2年に一度開催される、施設園芸と植物工場の展示会である。
東京ビッグサイトで開催され、日本全国から、農業関係の企業が集まる。
最新の農業製品が展示され、セミナーやプレゼンテーションを聴講できるイベントだ。
  一昨年、日頃お世話になっている企業が主催するセミナーに参加した際に覗いた事がある。
当時は時間がなかった為、じっくりと観察できなかった。(見てもよくわからなかった)
  東京ビッグサイト付近は、船乗り時代に船がよく停泊したので、あの辺でよくうろついていた。
りんかい線で、国際展示場から渋谷まで直通で行けるのでよく遊びに行っていたのを思い出す。
おっと、行くなら"勉強"の為だ  ~明日もボンボヤージュ~
仕事の話 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

もっと便利に

2018.06.23(21:22)
  現在のインターネットでは、パソコンよりもスマートフォンでアクセスし、閲覧する人は多くなっている。
最近のニュースでは、インターネット通販についての相談が初めて店舗購入の相談を上回ったようだ。
それほどインターネットが身近な存在になってきている。
  当園のホームページの閲覧も、スマホの方が多いはず。
もっとスマホの画面で閲覧し易い様にカスタマイズすると共に、ホームページもリニューアルする予定である。
そして、「ネット予約システムの導入」を考えている。 
  現在、いちご狩りの予約は、全て電話のみでの受付になっている。
しかし、電話では限界がある。
ご来園されたお客様にいちご狩りのご説明をしている最中や、レジを打っている時、量り売りの計量の時などに電話が鳴ることがある。
目の前のお客様よりも電話に出る事が優先になるのはおかしいのではないか?
それを改善したい。
アップデートしよう  ~明日もボンボヤージュ~
仕事の話 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

テクノロジーの進化

2018.06.08(21:08)
  ここ数十年で、世の中の利便性は格段に上がっている。
  高校の頃のガラケーのネット回線スピードや、端末への保存容量が当時の最大をも上回る進歩である。
  当時は、インターネットが広まり、手元のケータイからアクセスが出来始めていた頃だ。
現在では、インターネットからAI、Iot、ブロックチェーンへと進化をしている時期らしい。
  今では良く聞くようになったフィンテックの他にも、農業のアグテック、教育のエドテック、宇宙のスペークテックに、食品のフードテックと、テクノロジーの進化に戸惑っている方は多いのではないかと思う。
  もっとシンプルにラクで便利なモノが生み出されていく。
歴史的に信じられてきた神頼みや、根性論が科学の力で変えられていく。
人間が目指す世界とは何なのだろうか。
まだガラケーだけど  ~明日もボンボヤージュ~
仕事の話 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

取捨選択と決断

2018.05.29(22:21)
 日に日に気温が上昇している。
今日のハウス内の最高気温は、30℃近くにもなった。

 大汗を掻きながらいちごから伸びるランナーを除去していた。
ランナーは、次から次へと伸びてしまうので、今後の収穫作業の邪魔になってしまう。
その為、早急に除去するのが一番である。
この時期になると、限られた労働力の中で、作業の優先順位を取捨選択し、決断しなければならない。

 いちごの手入れ作業は、枯れ葉の除去や、収穫後の枝の除去、今後実になる花を誘引したりと、様々だ。
そろそろ、収穫や冷凍にするいちごのヘタを取るよりも、既に始まっている来シーズンのいちご育苗作業が一番重要になってくるだろう。

決断は、何かを決め、何かを断つ事 ~明日もボンボヤージュ~
仕事の話 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

我が家の働き方改革

2018.05.16(22:22)
 脱サラしてから間もなく4年経つ。

 脱サラし、新規就農当初は、現在の水稲1,5haと、きゅうり15a、里芋30aを家族4人で栽培していた。
父は会社員をしながら、私はいちご栽培の研修をしながらであった。
当時は、日の出と共に農作業を開始し、夕暮れ直前まで仕事の毎日だった。
休みなく働くことが美徳と考えるのは、昔の農業では当たり前だったかもしれないが、現代では完全に古い。

 我が家では、海外の「バカンス」を取り入れたいと思っている。
船乗り時代は、1ヶ月間位の休暇は当たり前であった。そして何より、船乗りの友人が多い。
家族も、行きたい国が色々ある。

アジア近辺なら近い ~明日もボンボヤージュ~
仕事の話 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

連休明け

2018.05.06(22:18)
 今日でGWが終わり、明日から仕事の方は多いはず。

 正直、連休明けは、なかなか仕事を頑張ろうという気になれないもので、
スイッチの切り替えが難しい場面かもしれない。
船乗り時代、3ヶ月間仕事をし、1ヶ月間休暇というサイクルだったので、
休暇が終わると、一気に憂鬱になっていたのを思い出す。

 仕事は、段取りが殆どと言っていいもので、成果が9割決まるようなものだと思う。
特に早起きは、仕事のスピードを格段に上げ、
精神的にもラクで、追い込まれたりするカッコ悪い状態にならない。

早朝はゴールデンタイムらしい ~明日もボンボヤージュ~ 
仕事の話 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

親戚のおばちゃん

2018.04.30(22:06)
 午前中の作業が終わり、今日の昼過ぎ。
やっておきたい仕事を終わらせてしまおうと、珍しく奮起したので、昼休憩なしで仕事に取り掛かった。
作業が終わり、後片付けをしていた所に、よく手伝いに来てくれる親戚のおばちゃんが来てくれた。

 正直、ちょっと休憩(実は昼寝)しようかと考えていたのだが、
「何かやることねすか?」と、いつものように聞かれたので、
「やることだらけだよ」と、答えると、
「どこをやればいい?」と、非常に有難い助っ人である。

 いつもは、祖母が苗の手入れをしてくれているので、おばちゃんが来てくれた時に指示を任せていたが、今日は自分が作業の指示をすることになった。
おいCベリーの葉が生い茂っている状態になっていて枯れ葉が多いので、枯れ葉を取ってもらうことにした。

 「残りはここの3列でー、株の間の枯れ葉をー、こんな感じでー、大雑把に枯れ葉取る感じでー、、、大体取れればおk!」
と、人を使うことの難しさが分かっているようで分かっていない説明をして作業してもらった。
その後、家族が昼休憩からハウス内に続々来てくれて、全員で株の手入れが進んだ。

 夕方、ハウスの隣の田んぼに肥料散布作業に出掛けたが、皆、休憩するような様子が全く伺えない。
「休憩!」という指示を出すのが自分なのか、各自で決めるのか、それとも誰かをリーダーにして休憩してもらうか、、、
皆休まずに作業している。
作業の進行としては有難いのだが、休憩の指示を出すべきなのは自分だったことに気付いた時は、もう日が暮れてしまっていた。
このミスは、次回、美味しいケーキで何とかしよう。

気遣いと思い遣りは大事 ~明日もボンボヤージュ~
仕事の話 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
前ページ | ホームへ | 次ページ
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ