FC2ブログ

親株の様子(やよいひめ)

2020.05.27(21:55)
昨年から初めて栽培をしているやよいひめ。


初栽培から約1年弱経った。


今作から2作目になるが、


1作の経験の中で最近気付いた事がある。


実を実らせている本圃の株よりも育苗ハウスの親株の方が旺盛な生育をしている。







※育苗ハウスの親株の写真


正直言って、原因はまだハッキリとは掴めていない。



これまでの1作の中で、親株としての生育期間や、


その後の子苗の生育期間は重要になるが、


更にその次の本圃での生育期間で結果に繋がらないといけない。


少なからず、1年弱でやよいひめの大まかな栽培の流れ、


生育の傾向特徴は見ることができた。


当然、良い点も悪い点もあったが、それらを踏まえて良い方向へむけてあ改善と修正を加えて、


来シーズンに繋げて行きたい。


4品種中、1番クセの強い品種かも ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
いちご 育苗編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

パック販売残り6日間

2020.05.26(21:12)
今シーズンの朝取りいちごのパック販売もあと6日となった。


ここ数日、最低気温が15℃前後で推移していて、朝方の収穫の際には物凄く神経を使っている。


気温が15℃を越える中の収穫では果温が高いため、


いちごの実を触っただけで、いちごの果皮が剥がれる事もある。


いちごの鮮度を保つ事は難しいが、5月いっぱいまでは完熟の状態のいちごを当日販売させていただく。(事前にご連絡下さい


シーズン最後まで朝採りの完熟のいちごをお届けしたい。


ひっそりと販売中 ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
いちご 直売所 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

冷凍庫お釈迦

2020.05.25(21:43)



冷凍庫が壊れた。


隣り町の冷凍機専門業者さんに見てもらったのだが、


何やら冷媒ガス(フロンガス)が機械内の何処かで漏れているらしく、庫内が冷えなくなってしまっているそう。


私「修理不可能なんですか?」


業者さん「ちょっとガスが漏れてる場所もわかんないから難しいよ。ガス補充してもまた冷えなくなるし、新品買った方がマシだよカタログあげる」


中古リサイクルショップで格安で手に入れた冷凍庫だったが、約1年で壊れてしまった。


中古の冷蔵庫&冷凍庫を捨てるのは、これで2台目になる。


冷蔵庫、冷凍庫を捨てるにもリサイクル法があって費用がかかるので、しくじり先生として一言言っておきたい。


「冷蔵庫&冷凍庫の中古はアカン」


2℃の授業料は高い ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

親株の様子

2020.05.24(19:10)
来シーズンの苗作り。


3月上旬に植え付けた親株。


今では葉の大きさや茎も太くなり、完成形に近い姿へと成長した。


ランナーも4~5本程伸びていて、いい感じ。








少しずつ子苗も育ってきている。


1本の親株から最低20本の子苗を採苗する予定なので、今の時点では合格。


約45日後には育苗棚の全面が、


子苗で覆い尽くされている姿にしたい。


病気も虫も付いていない健康な苗に育ってほしい。


ここまでは順調 ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
いちご 育苗編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

新ポンプ【ヤフオク】

2020.05.23(22:07)
農園主御用達のヤフオクにて、


苗作りに使う新しいポンプを入手した。








今年から育苗方法を、自動管理から手動管理に変えて栽培するので、


水遣りの管理はシビアになる。


1日に3~4回、12,000本ものポットに、水遣りをする事場面もあるので、


今までのポンプでは仕事量が不足する。


PCで例えるとメモリ容量みたいな感じだ。


今の時期は、親苗のプランターへの水遣りに毎朝1時間半程掛かっているのだが、このポンプに変えることによって水遣り時間が半分以下になるかもしれない。


腕がツる事もなくなりそうだ ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

天候とハウス構造

2020.05.22(21:08)
ここ5日間程、曇天が続いている。


例年であれば5月は最も晴れの日が多い傾向にあるのだが、今年は少し違う。


3月、4月に続き、5月までも晴れの日が少ない。


これから大きく変化していく地球環境の前触れの様な気がしてならない。


ここ近年増加傾向にある台風や局地豪雨、地震等の災害、猛暑の夏、暖冬、春の曇天日の増加。


農業をしている立場で感じている事だが、今後の自然環境リスクの増大を懸念している。


ただ、これらの環境変化に対応できなければ、


当然、お客様にいちごをお届けする事ができなくなる。


作物には多くの光が当たるような光環境。


風や雪、地震に耐えられる強靭な骨材。


災害大国である日本で温室栽培をする限りは、強い構造かつ採光性がなければいけない。


良い天井ビニールに張り替えたい ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

もちもちいちごぬいぐるみ

2020.05.21(20:18)
買い物ついでに寄ったゲーセンでいちご狩りをしてきました。




















取ったいちごは祖母にプレゼントします。


手触りもちもちやわらか ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

トップ農家さん視察

2020.05.19(22:59)
いちご農家さんの圃場の視察をさせていただいた。





具体的な場所は伏せさせていただく。


「今年は天候が悪くて実が少なかった」と言い訳をしている私とは逆に、


「まだ収穫量まとめてないけど、今年はあと◯◯◯◯パック分採れたら去年と同じかな。」


当園の圃場面積と比較すると、1日あたりおよそ7~8倍もの収穫量。


冗談だと信じたい事実だ。


同じ栽培システムなのに何故なのだろうか、、、


1年間タダで雇って貰えないかな ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

親株代わり

2020.05.18(20:50)
来シーズンに向けての育苗。


親株達は順調に育っている。





親株を植え付けている一部のプランターには、未だに空いているスペースがあるプランターもある。


親苗の購入の際、注文の最低ロットが40株の為、どうしても親苗を植え付けていないスペースが出てくる。


過剰量の親苗を購入し過ぎても余るだけなので。


当園では今の時期、植え付けていなかったスペースの隣の親株から伸びたランナー子苗を植え付けている。





空いているスペースに、ランナーピンを使って子苗を培土に固定し、約10日程すれば親株の代わりになる。


私的には、子苗の植え付けは同時に2株くらいはいけるだろうと勝手に判断しているので、


子苗と子苗の距離を数センチ離して2株固定している。


夏場のみの栽培期間と、太陽高度を考えると密植のリスクは低いからだ。


子苗の苗齢が若い為、2ヶ月前に植え付けた親株程の生産力はないが、


培土内に下ろした根から養水分を吸い上げられるので、それなりの量の子苗を作ってくれるようになる。


強力な代打になり得る子苗 ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
いちご 育苗編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

いちごの生理障害?

2020.05.17(20:31)
いちごの株を観察していたら、このような花?を見つけた。








この緑色のギザギザした花。


本来ならば、白い花が咲くのが普通である。


ごく稀に、いちごの成長が、


生殖成長から栄養成長に偏りすぎると出来てしまう。(っていちご辞典に書いてあった気がする


栄養成長は、株や葉を作る成長。


生殖成長は、花や実を作る成長。


極端に栄養成長への環境条件が重なると、このような花になるようだ。


1万株分の1くらいはあってもおかしくない ~明日もボンボヤージュ~
関連記事
いちご 生育編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
前ページ | ホームへ | 次ページ
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

このブログは、元船乗りを経て2014年に新規就農した農園主が、
農園の様子や、いちご作りの様子等を紹介しています。


※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ