FC2ブログ

完熟まであと一歩

2018.12.06(17:04)
ハウス内を巡回していたら食べられそうな実を見つけた。



ハウス内の南側、最も日当たりの良い場所のおいCベリーである。

食べられそうに見えるが、熟度はまだ9割。
あと数日で、最も味が乗った完熟果になる。

これは御先祖様に。 ~明日もボンボヤージュ~
いちご 生育編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

備えあれば

2018.12.05(22:19)
一家に一台とも呼ばれる程の便利アイテム、
「消化器」を購入した。



我が家には煙を感知して警報を鳴らす火災報知器が天井に張り付いているが、 "いざ" となった時には1秒が命取りになる。

近年の住宅は、燃えにくい素材を使用した物が多くなったと感じているが、

「本当に十分なのか?」

とも思う。
いざとなれば自分の身は自分で守るものだ。

消化器を常備している家庭は意外と少ないと思う。
消化器は、ネットで3,000円弱で購入できる上、有効期限は10年間だ。
1日あたり、1円以下で火災危機管理グッズを備えられる。

個人的に、ちょっとしたプレゼントに使えると思っている。

安全第一?女王第一! 明日もボンボヤージュ~
農家の日常 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

ほのかに赤く

2018.12.04(21:38)
果実が色付き始めた。



これまでと同様、おいCベリーが先行している。

あと1週間もすると、ポツポツと真っ赤な実が見られるようになると思う。

開園も近い ~明日もボンボヤージュ~
いちご 生育編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

駐車場拡大工事

2018.12.03(21:15)
駐車場のスペースを広げる工事が決まった。

工期は、今月の10日~約1週間程。
今シーズンのオープン前には工事が完了する予定である。

作シーズンまでは、お陰様で駐車場が満車になる事が多くなってきていた。
お客様には、ご希望のお時間にいちご狩りをお楽しみいただきたいと思う。

倍以上のスペースにします ~明日もボンボヤージュ~
いちご いちご狩り | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

冬至へ向かって

2018.12.02(21:59)
冬至が近付き、日が短くなってきている。

外気は寒く、太陽高度は下がり、曇天が多くなり、日射量は減少する。

現在結実中の1番果房に送る栄養分と、2番目の果房にも栄養が必要だ。
更に、3番花の形成も行われている中で、年間で最も日射量が少ない時期になる。
いちごにとっては、最も過酷な環境である。

逆風は強いが、こんな時だからこそ頑張って欲しい。

ピンチはチャンス? ~明日もボンボヤージュ~
いちご 生育編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

天敵 チリカブリダニ

2018.12.01(18:17)
2種類目の天敵を放飼した。
1週間前に「ミヤコカブリダニ」
今回は「チリカブリダニ」だ。



前回放飼したミヤコカブリダニは、ハウス内に定着し、花粉などを食べて長い期間頑張ってくれる。予防的な生物農薬になる。

今回放飼したチリカブリダニは、動きが素早く、ハダ二しか食べない。
即効性が高い生物農薬だ。

ハダニは、目視で確認出来た時点で "飛車角落ち" のような局面に相当すると思っている。
高を括ったら最後、一気に王手を喰らう。

天敵攻めは最大の防御 ~明日もボンボヤージュ~
いちご 生育編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

夜間の除湿について

2018.11.30(21:45)
夜間のハウス内は湿度が高い。

高湿度は、病原菌にとって"適した環境"だ。
ハウス内環境制御の視点では、本来の作物栽培の趣旨から大きくズレ、病原菌を培養するハウス内となっては本末転倒であろう。

そこで、夜間の除湿が必要になる。
除湿方法の中でも、寒い期間に最も有効な除湿方法がある。



それが、「内張カーテンちょい開け」である。

ハウス内と外気との気温差が5℃以上あれば、外張りのビニールの内側に結露が発生する。
冷たい飲み物が入ったグラスの外側が結露する原理である。

株を健康に保ちたい ~明日もボンボヤージュ~
ハウス内環境制御 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

2番花のつぼみ

2018.11.29(17:28)
2番花のつぼみが見えてきた。
10月中旬頃に花芽分化した花だ。



2番花の特徴は、一作の中で最も大粒になる傾向がある。真冬の寒さによってゆっくり肥大する時期でもある。

大粒の果実がお好みの方は、12月下旬と、2月初旬頃がチャンス!

実(じつ)は、実(み)は、寒い時がいいんですよ!

うん、寒い ~明日もボンボヤージュ~
いちご 生育編 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

恋みのり 果実の特徴

2018.11.28(20:00)
恋みのりの果実が形成されてきた。



果形の特徴は、いちごの品種の中でも珍しい「丸形」で、徐々に丸みを帯びた果実に膨らんできた。



大粒の実の割合が多い品種と言われているだけあって、花びらの枚数が多く、花びら1枚が大きく真っ白な花だ。(デカい実が成る特徴!?)

面白くなりそう ~明日もボンボヤージュ~
いちご 品種 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

早朝加温と葉の気孔

2018.11.27(18:13)
いちごハウス内の温度管理の中で、暖房機を使う場面がある。

「早朝加温」である。

読んで字の如く、朝の時間帯に加温する。
早朝加温がない場合、日の出と共に太陽光のエネルギーで急激にハウス内の温度が上昇する。

急な温度変化は、作物にとってあまり良いことではない。人間だって、5℃以上の温度変化にストレスを感じる。それと同じ事だ。


急激な温度変化は、湿度も変化する。
湿度の急激な変動は、葉の裏の気孔(呼吸するところ)が閉じてしまう。
1度閉じた気孔は、2時間は開かないので、急加温、急換気はご法度なのだ。

要するに、光合成の効率が低下するので、果実の品質を下げる原因になるのだ。

ダメ、ゼッタイ ~明日もボンボヤージュ~
ハウス内環境制御 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
前ページ | ホームへ | 次ページ
プロフィール

北上いちご園農園主

Author:北上いちご園農園主
岩手県北上市にある観光いちご園、北上いちご園農園主のブログです。

元船乗りを経て新規就農者し、観光農園をしています。
ひよっこ就農者の農業日記です。

毎日投稿します。

※ボンボヤージュとは、
船出の際、「よき航海を!」
と、旅立つ人々への挨拶です。

ホームページは、下のリンクにあります。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ